霎時施 こさめときどきふる。

第五十三候、霜降の次候です。小雨がしとしと降る頃。


霎(雨かんむりに妾)で「こさめ」なんですね。
「妾」には「高貴な人の身辺を世話する女性。こしもと。侍女」という意味があるので、
本降りの雨を高貴な人に例えて、その脇に控える存在として小雨を見ているのかもしれませんね~。
江戸時代まで遡ると「しぐれ」と読ませているそうです。

この季節なら「しぐれ」の方が合うような気もしますね。
今日は冷たい時雨が降りました。
冬が一歩近づいてきました。


出かける時に雨が降っていると嫌な気分になるとか、お洗濯物が乾かないとか、
どちらかというと雨は嫌がられることが多いような気がします。
以前は空に向かって恨み言を言うこともありましたが、今は素直に従うように努めています。
雨の日に出かけなければいけないのであれば、それなりの装備をすればいいだけなんですね。
自然には人の意を介しない自然だけの道理があって、それをありのまま受け入れるようにすると
自然や宇宙の流れに沿って動く感覚が分かってきて、心が楽になります。





時々行くお蕎麦屋さんの湯飲み茶碗が可愛いんです^^
もうすぐ11月。お茶のぬくもりのありがたさがどんどん増していきます。

0744.jpg


関連記事

Comment

こさめ、って読むんですか! 世の中、知らないことばかり...(^^)。うれしいわ。

私は雨よりも風の日が心がざわついて好きではないです。雨は...まぁまぁかな。

このお茶碗ですが、唐子でしょうか? それともまったく新しい文様なのかなぁ。お茶がほうじ茶なのかな、温かさが伝わってきます(^^)。
ハーちゃんさま^^

風の日に心がざわざわする感じ、分かります~。
お天気について不足を言わないようにするだけで大きく変わりました。私の場合ですけど…。

う~ん、唐子ではないような気がします。髪の毛が全然ないし!(笑
お茶はほうじ茶です。お茶一杯ですご~く幸せです(*^^*)
  • 2015/11/01
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定