ドライブルーベリーのホワイトチョコレート、ドライマンゴーのフローズンヨーグルト、ココナッツとカッテージチーズのケーキ。

この夏はいろいろと頂き物があり、自宅用にはあまり作りませんでした~。
「ホーローバットで作る体にやさしいお菓子」より、この夏に初めて作ってみたものです^^


ドライブルーベリーのホワイトチョコレート。

0729.jpg 

レシピには、手に入れば小粒のワイルドベリーが良いと書いてあるのですが、
手元にあったのは普通のサイズのドライブルーベリー。
マシュマロも1cm角より少し大きめに切りました。
コーンフレークも1片1.5cmくらいあるものを砕かずにそのまま使ったので
ご覧のとおりの豪快な出来上がりになりました。
本の写真の上品なイメージには程遠いですね。(笑
同じ材料で作っていても、口に入れた時の印象はまったく違うと思います。
これはこれで良かったのですが、次回はちゃんと、レシピに忠実に作りたいと思います。
ブルーベリーは、大粒ならば半分に切って使えば大丈夫ではないでしょうかね^^





ドライマンゴーのフローズンヨーグルト。

0730.jpg

ドライマンゴーがなかったので、3種類のレーズンのミックスをラム酒に漬けて使いました。
ラムレーズンの他にもドライパイナップルもおすすめだとレシピにありますね^^

生クリームを8分立てにして混ぜるので、冷凍の途中でかき混ぜる手間がなくて楽です。(笑
ヨーグルトの酸味でさっぱりしているので、アイスクリームより好きです。
結局、冷たいお菓子はこれしか作りませんでした~。





ココナッツとカッテージチーズのケーキ。

0731.jpg 

チーズが入るとは言えカッテージチーズ、そしてココナッツの食感もあって軽い感じのケーキです。
以前作った「おからのクランブルとあずきのケーキ」と同じく
コンベクションオーブンでは火力が強すぎて焼き色が綺麗に出ませんでした。
写真のものは電気オーブンで焼いたもの。
優しい味が気に入って、3度焼きました。

カッテージチーズは手作りするのが一番おいしいと思います。

牛乳  1リットル
リンゴ酢  100cc

牛乳を60~70℃に温め火を止め、そこに酢を入れてかき混ぜてしばらく置く。
沈殿したらガーゼなどで濾して出来上がり。

酢の代わりにレモン果汁も良いです。
乳脂肪の量によっても出来上がりが変わるので、いろいろと試してみるのも楽しいと思います^^
乳清は捨てずにパンケーキなどに使いましょう♪





おまけにブール・ド・ネージュ。

0732.jpg 

去年、このタッパーにぎっしりとショートブレッドクッキーを頂いたので、
お返しにとブール・ド・ネージュを焼いたのですが…形が丸いせいでたくさん入りません~^^;
それでも何とか50個くらいは詰めました。(笑


そろそろまたお菓子作りを再開できそうです♪


関連記事

Comment

私は食いしん坊なので、写真を見ては味を想像しちゃいました(^^)。カッテージチーズって、簡単にできるんですねぇ。

昨日からSNS関係のイヤなことがあって、落ち込んでいます。なんか人間不信になりかけ? 

こういう時は甘いものは良さそうですね(^^)。
ハーちゃんさま^^

ハーちゃんさんはお菓子作りを知っている人だから、写真だけで何でもビビッっと伝わりそう(*^^*)
もちろん失敗したところも!(笑
カッテージチーズは、サラダなどに使う時は塩を練り込みますよ~。

わ…何があったんでしょう(+_+)気になります。
  • 2015/09/21
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定