8月第3週 聞き取り部分。

入門編「シンプルに学ぼう!まる覚えハングル」より^^


第91課 옷을 벗다(職を退く) について

C:원래는 경찰이나 군인 같은 제복을 입는 사람이 그만들 때 옷을 벗다라고 쓴 것 같아요.
U:「옷을 벗다 服を脱ぐ」は、本当に服を脱ぐ時にも使いますよ~。


第92課 초를 치다(水をかける) について

U:これは、相手の気勢を削ぐ、ということですね。
  酢をかけるというのも面白い表現ですけれどもね。
S:요리에 식초를 너무 많이 넣으면 맛이 달라져서 못 먹게 되는 경우도 있으니까
  이런 표현이 나온 것 같아요.
C:오늘 다 같이 식사하러 가시죠?
S:아니, 내일도 녹음이 있는데 식사라니요.
C:선영 씨, 초를 치지 마세요.
U:あ~、こういう風に使うんですね。でもみんな食事に行きましょうね。
C:네.


第93課 꿈도 못 꾸다(とうてい望めない) について
U:「꿈 夢」というのは、将来の夢、寝る時見る夢、両方の意味があるんですが、
  선영さんは꿈을 못 꾸다、今何かありますか?
S:사실은 저도 유럽 여행을 가고 깊은데요. 한글 강좌가 있으니까 당분간은 꿈도 못 꿀 것 같습니다.
U:충균 씨 어때요?
C:저는 지금 배가 너무 고파서 삼겹살을 먹고 싶은데요. 녹음 중이라 꿈도 못 꿔요.
U:じゃ、終わったらみんなで行きましょう。
C:네.


第94課 수박 겉 핥기(生かじりなこと) について

U:うわべを知っただけで中身を十分理解していない、という意味ですね。
  선영さん、スイカの皮なめたことないですよね?
S:수박이라는 거는 그 안이 맛있는 거잖아요. 그런데 겉껍질을 핥으면 그 맛을 모르기 때문에
  이런 표현이 나온 것 같습니다.
U:충균さんは수박 겉 핥기、聞いたことありますか?
C:네. 고등학생 때 수학 선생님이 '수박 겉 핥기'식으로 공부하지 말라고 하셨어요.
  예를 들면, 공식만 외우지 말고 원리를 이해하란 뜻으로 하셨던 것 같아요.


第95課 정신이 없다(非常に忙しい) について

U:非常に忙しい状態も含めて、頭の中がごちゃごちゃしたり、焦ったり、落ち着かない状態にも使いますね。
S:저는 아침에 늦게 일어나면 나갈 때까지 할 일이 많아서 정신이 없어져요.
C:今週のまとめ는 읽어야 될 것이 많아서 정신이 없어요.
  여려분도 정신이 없으시죠?


関連記事

Comment

「정신이 없다」は、日常でつい使いたくなる時が多いです。日本語では説明しづらい状況でも、この表現でピッタリ言い当てられることが多くて(^^;)。家族はわからないでしょうけど、出ちゃうんですよ(^^)。ふふふ。

結局、みなさん、このあとお食事にいらっしゃるんだ!
ハーちゃんさま^^

あ、分かります!韓国語の方がピッタリ来ることってありますよね。(笑
정신이 없다と言いながらもテキパキと仕事をこなしていくハーちゃんさん、カッコいいです!
ふふふ~、충균さんの希望が叶うようですね(*^^*)
  • 2015/08/21
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。