寒蜩鳴 ひぐらしなく。

第三十八候、立秋の次候です。13日から17日まで。


蜩の声、好きです。
暑さが少しずつ引き始めてほっとする一方で、蜩の声にはもの淋しさを感じますね…。

先週末以来、猛暑日と熱帯夜から解放されています。
熱帯夜の時には近くの公園の蝉が夜通し鳴いて止むことがないのですが、
25度を切る時には夜明け前後に一旦収まって静かになります。
セミにとっても25度というのは、鳴くか鳴かないかのちょうど境い目なんでしょうかね~。

そう言えば、お隣の韓国で面白い研究結果が出ていましたね。
女性より男性の方が、蝉の声を「うるさい」と感じるということなんです。
欧米では虫の声を愛でる文化がないので、蝉の声も単なる騒音と捉える人が多いというのは
聞いたことがありますが、感じ方に男女差があるというのは考えてみたことがありませんでした。
日本でも同じなんでしょうか^^



今日から旧暦の文月です。
20日が旧暦の七夕。
今夜の新月は23時53分なので、日本ではちょうど足元の真下辺りで太陽と重なるわけですね^^
同じ方角に水星・金星・火星・木星もいます。




行き合いの空。
夏から秋へと移っていく頃の空を、2つの季節が出会うという意味でこう呼ぶのだそうです。




月明かりがないので見えやすいだろうと期待していたペルセウス座流星群は…
昨日と今日の夜明け前は雨雲に遮られて見られませんでした。(泣
これから日付が変わる頃にはどうなっているでしょうか~。


関連記事

Comment

蜩、この漢字にはどういう意味が込められているのかな(^^)。

あの、セミの鳴き声のことなのですが、女性のほうがセミとの接触が無いって言うか、関心が無いからうるさく感じるのかな、なんて。

昨日、主人、公園で一所懸命にセミの写真を撮ろうとしていました。抜け殻も地面の穴もたくさん見つかったけど、セミは見えませんでした。そんな風に、セミに対する知識も遊んだ経験も男性にはあるのではないかなぁ。

流星群、今夜は見られそうですか(^^)。
ハーちゃんさま^^

蜩は蝉の総称だそうです。中国では蝉ではなく蜩の方がが総称なんですね~!

元の韓国語のニュースを確認したら、「うるさく感じる」ではなく「敏感に反応してストレスを強く感じる」
ということだったので私が聞き間違えたみたいです。朝バタバタしてたので~、と言い訳(>_<)
男女で差があるって面白いですよね~。

流星群は…寝坊してしまって起きたらすでに空が白み始めていました。気合が足りませ~ん。(笑
24日くらいまでは可能性があるということです(*^^*)


  • 2015/08/15
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。