涼風至 すずかぜいたる。

第三十七候、立秋の初候です。涼しい風が立ち始める頃。


暦便覧には「初めて秋の気立つがゆえなればなり」とあります。

とんでもなく違和感を感じますね。
毎日のように続く猛暑日に熱帯夜…。
「小暑」「大暑」を早めて「猛暑」という候が挟まるようになるのでは…なんて先日書きましたが、
そうではなくて立秋を遅らせて、そこに「猛暑」とか「酷暑」とかいう候を入れる方がいいのか…
などということを頼まれてもいないのに真剣に考えてしまいます。
本州が温帯気候に属するというのも近々変更されたりして。

立春ならまだ「春は名のみの風の寒さや」と歌う心の余裕がありますが、
この熱風逆巻く立秋はとてもとても歌にはなりませんよね。(泣





それでも、河原に下りたらなんとか凌げるくらいの風ではありました。
日の入りは、今は日ごとに1分以上早くなっています。
確認してみたら、もう夏至の日よりも30分も早く日没なんですね~。






6cmもある巨大なマシュマロを焼いて「s'more」というお菓子を作ります^^

0710.jpg



そうそう、先月31日の満月、ブルームーンは綺麗に見えました~♪
今はペルセウス座流星群が来ていますね。
12日の夜から14日未明までの2晩がピークのようです。
新月直前で月明かりがないので見える確率は高いでしょうかね~☆
詳しくはこちらへ。


関連記事

Comment

まったく、温帯ではなくなりそうですよね! 亜熱帯? 亜亜熱帯?

川面に映る明かり、とても好きです(*^_^*)。うちのほうの川は昼間はキレイでないけれど、ひともし頃になると、明かりが揺れてちょっと淋しくなったりします(⌒-⌒; )。

6cmのマシュマロ! そしてそのお菓子の名前は何と読むのでしょう? おせーてくだせー!

空にはあんなに星があるのに見えない東京はおかしいですよねー!
  • 2015/08/09
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

川面に明かりが映ると郷愁を感じますね~。「ひともし頃」という言葉が情緒たっぷりです(*^^*)

日本語では「スモア」と言うようです。(私も初めて知りました…)アメリカではBBQの定番おやつです。
some moreが短くなったもので、I want some more! と言いたくなるほど美味しいということですね。
焼いたマシュマロと板チョコをグラハムクラッカーでサンドイッチにします。
マシュマロの熱でチョコが溶けてとっても美味しいのですが…食べた後の手が大変なんですよ。(笑
あ、マシュマロは6cmである必要はなくて、普通の大きさで大丈夫です。(笑
  • 2015/08/09
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。