韓国ドラマにはまりつつあります。

勉強を始める前に見たドラマは
「冬のソナタ」と「ホテリアー」の2つ。

勉強を始めてしばらくして他のドラマも見てみたくなりました。
新聞のテレビ欄を見ると、
韓国ドラマがたくさん!
内容もよく分からないままいくつかピックアップして
ワクワクしてテレビの前に座りました。
でも…あまり楽しくないのです。
どうして?
自問して、すぐに答えが出ました。
韓国語に興味を持つ前はセリフが分からなくて当たり前だったのが、
勉強し始めて単語が少し分かるようになると、
ドラマの楽しさより、きちんと聞き取れない悲しさのほうが大きかったのです^^;
そんなふうに感じるなんて想像していなかったので少しびっくりしました。
それでもとりあえず、
「怪しい三兄弟」を見て見ることにしました。
全く知らなかった韓国の日常をいろいろ知ることができて興味深かったです。
でもやっぱり、
何を言っているのか聞き取れない悲しさが付いて回っていたんですよね。
その後は「IRIS」を見ただけで、ドラマから遠ざかっていました。

今年に入って、
いつか見ようと思っていた「初恋」が再放送されるのを見つけました♪
冬のソナタ以前のヨンジュン氏とジウちゃんが見たかったのです^^
また聞き取れなくて悲しくなってしまうかと心配しつつ見てみたら、
少しは聞き取れるようになっていました。
ちょっとは進歩してるみたい?
でも字幕に助けられて錯覚しているだけかもしれませんね^^;
ということで、
ドラマを見るのが俄然楽しくなった今年でありました^^
でもたくさん見る時間はないので、
お昼の時間に放送されるものに素直にご縁を感じることにしました。

その後、「秘密」を見て、今は「パダム・パダム」。
それと週1回の放送では、「シークレットガーデン」を見て、今は「ラブレイン」。
韓国ドラマって不思議です。
最初の1話で「う~ん、やめておこうかなぁ」と思ったとしても、
見ているうちにどんどんストーリーに引き込まれていってしまうのです。
たまたまそういうものに出会っているだけかな?
「パダム・パダム」も、
いきなりの絞首刑のシーンで苦しくてご飯の味がわからないほどだったのですが、
ふわりと謎めいた展開を始めます。

早く年明けの続きを見たいと思うのは、
「はまりつつある」んじゃなくて
すでに「しっかりはまっている」のかもしれないですね^^;


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)