아는 체하다 と 알은체하다。

아는 체하다 と 알은체하다、似ているんですよね^^;


〔아는 체하다/아는 척하다〕
알지 못하면서도 알고 있는 듯한 태도를 취하다  知らないのに知っているような態度を取る

체하다は補助用言なので、ルールに従って分かち書きをします。

모르는 체하다  知らないふりをする 
자는 체하다  寝たふりをする
먹은 체하다  食べたふりをする
못 본 체하다  見なかったふりをする
などの表現もありますね。



〔알은체하다/알은척하다〕
평소에 알고 지내는 사람이 가벼운 인사를 하다  普段から付き合いのある人が軽い挨拶をする

알다の語幹「알」に冠形形語尾「은」が結合した語で、分かち書きをせず一単語です。

그가 나를 보더니 알은체했다.  彼は私を見ると声をかけてきた(笑いかけてきた・手を振った、など)。 
그는 나에게 알은척도 하지 않았다.  彼は私に軽い挨拶すらしなかった。 (도が入ってますね~



文を比べてみます。

1.그 사람이 아는 체하며 말을 걸어 왔다.  
  その人は知人のような態度で話しかけてきた。
  知らない人、見覚えのない人が声をかけてきたのですね。

2.그 사람이 알은체하며 말을 걸어 왔다.  
  その人は軽く挨拶をしながら話しかけてきた。
  友人や知人がいつものように自分の名前を呼んだり笑いながら声をかけてくるイメージ。

3.친구가 아는 체하며 말을 걸어 왔다.  
  この文はおかしいということになりますね^^;


でも3番のような文もネイティブの間で頻繁に使われているようなんですよね~。
言葉はどんどん変化していくものなので、そのうち正しいとされる日が来るかもしれません^^




おまけ。
알은체하다には「人がある事柄に対して関係があったり関心があるような態度を見せる」
(아는 체하다のような「ふり」ではなく)という意味もあります。

우리 집의 자세한 실정을 알은체하는 표정이었다. 
我が家の詳しい実情に関わりがあるような表情だった。


関連記事

Comment

알은って変だなぁ、と思ったことがありました。

検索してみたら『「 알은체하다/알은척하다」 は 「 알다」 の語幹 「 알-」 に冠形詞形語尾 「 -은」 がついた語ですが 「 안」 とならないのは 「 알은체하다/알은척하다」 という形式で固定化したためです』と出ていました。

つまり文法的でないけれど、もうそうなっている、と言うことでしょうか?

るるるさんのおかげで、今日は無い脳を使いました(^^)。ありがたいです!

私は「?」と思ったことでも放っておくクセがあるので〜(汗)。
ハーちゃんさま^^

私も放っておいてある疑問点は多いですよ~。(笑
謎を解明するために韓国語の記事を読むのが勉強になるという感じです(*^^*)

調べてくださった解説も載っていましたが、使い分けのポイントは은、
ということで良いかと思って省いてしまいました。(笑
文法的に正しいのかどうかについては書かれていませんでした。見つけたら追記しますね~。
お役に立ちましたら幸いで~す(≧▽≦)! 
  • 2015/05/30
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定