5月第4週 聞き取り部分。

入門編「シンプルに学ぼう!まる覚えハングル」より^^


第36課
팔이 안으로 굽는다(身近な人に味方する) について

C:팔이 밖으로 굽지 않고 안으로 굽듯이 자신과 친한 사람의 편이 되는 것이 자연스러운 것 같아요.


第37課
손이 맵다(手の叩く力が強い) について

U:선영さん、どういう時に使うんでしょうかね?
S:네, 친구에게 아는 체를 하려고 어깨를 툭 치거나 하거든요. 그럴 때 특히 아픈 사람이 있습니다.
  이런 경우 손이 맵다고 하죠.
U:충균さんは、身近な人で手が辛い人、いますか?
C:저하고 제일 친한 사람이 손이 굉장히 맵습니다.
U:あ、一番親しい人という…誰でしょうか?
C:집에 있는 사람입니다.
U:あ~、奥さんのことですね。
C:네.


第38課
손이 크다(料理の量をたくさん作る人) について

U:선영さんの周りにはこういう人いますか?
S:제 친구 어머님 중에 손이 굉장히 크신 분이 계세요.
  요리를 굉장히 많이 하셔서는 친구들에 갖다 주라고 딸에게만 나눠 주고 하십니다.
C:쇼핑할 때 한번에 많이 사는 사람에게도 써요.


第39課
목에 힘을 주다(偉ぶる) について

U:首に力を入れるとどうして「偉ぶる」になるんでしょうかね?
S:상대방에게 고개를 숙이지 않으려다 보니 목에 힘이 들어가죠.
U:충균さんも、목에 힘을 주다という感じですか?
C:저는 인사를 너무 많이 해서 목이 아픕니다.


第40課
목이 빠지게(待ちわびる様子) について

U:これはどういう状態でしょうかね。
S:먼 곳을 바라보면서 기다리는 사람이 오는지 안 오는지 기다리는 모습을 나타낸 것 같애요.
C:또 군대 간 남자친구를 목이 빠지게 기다린다고 쓰는 것 같아요.


関連記事

Comment

体の部分に関する表現、多いですねぇ。日本語でもそうかしら?

読書中だと意味がわかっても、会話で使うとなるとまったく別問題ですよね! 

そういう意味では、留学するの良いなぁ。若かったら... (^^;)。

こちら雨降ってます。予報と違う。ぷんぷん! 
ハーちゃんさま^^

お粥シリーズや体の部位シリーズなどにして、まとめて紹介してくださってますよ♪

ほんとに、読んで分かるということと話せるということとは別物です(+_+)
会話力をつけるなら現地に飛び込むのが一番早いですよね。行けたらいいんですけど~。

フェイントの雨でしたね! お庭の作業が滞ってしまいます(>_<)
  • 2015/05/30
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。