雷乃発声 かみなりすなわちこえをはっす

第十二候、春分の末候です。遠くから雷の音が聞こえてくる頃。

この頃から雷が増えてくるということですが、一方では啓蟄の頃の雷を言う言葉で
初雷(はつらい・はつかみなり)、虫出し雷という言葉もありますね。
冬眠している虫たちが雷の光や音にびっくりして飛び出してくる~。(笑
昔は「虫」というと、トカゲやカエルなども含まれました。

雷というと普通は怖いイメージですが、「春雷」というと、とても甘やかな響きがします。




アスファルトの割れ目からスミレ。

0602.jpg 





沈丁花も開き始めました。

0603.jpg 





桜の蕾はこんなかんじ。
でも、近所で一番早く咲く木の蕾はもう桜色でした。
桜前線は、例年より早めに北上するようですね~。

0604.jpg 





日の出が5時30分。
今朝の光はとても温かい色だったのですが、日中は何と、22度まで気温が上がりました~。
4月下旬の気温です。
夕方には初めてコウモリも飛びました。

0605.jpg


関連記事

Comment

おお、スミレ〜(⌒▽⌒)。これ、やっぱり種類がわかりませーん( ̄Д ̄)ノ。スミレ辞典を見ないとね。

雷ですが、こちらでは夏の夕立のときくらいですね。なぜでしょう?

ジンチョウゲも、つぼみが堅いとこんな風に固まっているのですねぇ!
  • 2015/03/31
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

スミレは100種以上あるんでしたよね。スミレ辞典必須ですね(+_+)
先週金曜日から日中の気温がぐんと上がったので、季節が進んだ気がします。
あちこちでお花が増えてきましたよ(*^^*)
あ、でも今日はまた10度も寒くなりました~。
  • 2015/04/01
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定