霞始靆 かすみはじめてたなびく。

第五候、雨水の次候です。
昨日からでした。
今日が旧暦の七草ということで、お粥のことばかり考えてうっかりしていました。(笑

ふつうは漢字で書くと「棚引く」ですよね。
靉靆あいたい
雲や霞などがたなびいているさま。
雲が日を覆って薄暗くなっているさま。
靉の愛は、まとわりつく。
靆の逮は、おいかけてくる。
靉靆に、「めがねの別称」という意味もあるのが面白いです。
目の周りに丸く漂っているうっすら白いもの。

春は霞ですね。霞がたなびく。横に静かに流れていきます。
同じものでも秋には霧と呼びます。 霧は立ちのぼる。
そして夜になると霞ではなく、朧(おぼろ)。

気象用語としては少し事情が変わってきます。
霧(きり)は、「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」、季節は関係ありません。
靄(もや)は、「微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態」。
霞(かすみ)は気象観測において定義がされていないので基本的に用いられません。
そして霧は気象用語、靄は解説用語です。
ややこしいですね~^^;

霞がたなびくと、春だな~と思います。
晴れる日が増えてきました。
もう少ししっかり晴れて放射冷却が起きると霞に出会えそうです^^
でももう少し暖かくならないと。

中国での第五候は「鴻雁来(雁が飛来し始める)」です。
日本では「清明」の次候(今年は4月10日)が「 鴻雁北(雁が北へ渡っていく)」です。
中国での視点だったのが日本の視点に変えられていますね。



桜草。
ピント甘いです。ちゃんと三脚使わなくちゃ^^;

0571.jpg
 



0572.jpg




0573.jpg


関連記事

Comment

るるるさん アンニョンハセヨ?
桜草きれいですね。^^

気持ちが癒されます。
本当に春が待ち遠しいです。

自然の摂理でしょうか、厳しい冬をこえると自然界に命を吹き込む陽がそそがれる春がやってきますね。
あともう少しですね、私も抗がん剤治療がいったん終わり次の治療へと進みます、光が見えてきました頑張れそうです。^^;
  • 2015/02/26
  • hesugi
  • URL
hesugiさま^^

アンニョンハセヨ~♪
ピンク色を見ていると幸せな気分になるので3枚も載せちゃいました。(笑
まだ三寒四温とまでは行かず寒い日が多いですが、少しずつ日差しが強くなってきていますね~。
hesugiさんの治療も順調に進んでいて、ちょっぴり安心しています。
南西の空を見ながら祈っています。空を見上げると実際の距離よりずっと近く感じます(*^^*)
  • 2015/02/26
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。