遅れ馳せのお粥です。

先日汲んできた、寒の水を楽しんでいます^^


七草を過ぎて、やっとお粥を炊きました。

冷めても美味しい、誤嚥の心配も少ないお粥。
以前テレビで紹介されていたものですが、我が家の定番お粥です。
レシピはこちらをご覧ください^^ 



餡は、薄口しょうゆと濃口しょうゆの両方を使うのですが、
今回は試しに、薄口しょうゆだけで作ってみました。
う~ん、やっぱり濃口も使った方が味に深みが出て美味しいです。
濃口しょうゆ文化圏に住んでいるせいもあるのかな。(笑
次回は元に戻します。

今回のお粥のお供は、黒豆、ごま油で炒めた高菜漬けを蒲鉾に挟んだもの、
各務原キムチ、野生児梅干し。
鱈の親子漬けは市販のものです^^





お茶も点てました^^

0549.jpg


お茶のお供は羊の薯蕷まんじゅうと、紅梅の練りきりです。
年末年始の慌ただしさは収まったものの、まだどこか気持ちがバタついているところがあって
ブログを書いていてもミスの多いこと…。
平常心がないと視野も狭くなってしまうし、お茶を点ててちょっと落ち着こうと思った次第です^^;


関連記事

Comment

わー、餡のかかったお粥、ぜいたくですねぇ(^^)。京都のお料理屋さんとかで出そう! あるいはお寺さんの精進料理で! 大好きです、そういうの。

特に、お粥の入っている器が気になりました。特別な焼き物でしょうか?

そしてバックにちょこんといらっしゃる羊さんは、どこかの神社のかな?

今日は大風で寒いこと、寒いこと(^^;)。
ハーちゃんさま^^

名前を忘れてしまいましたが京都のお店の方が紹介していたのです。ハーちゃんさんもぜひ♪
器はごく普通のお茶碗なのですが、柄がちょっと面白いですよね。
羊は三浦硃鈴さんの窯のもので、富士山の土を使っているそうです。ひょうきんな顔です。(笑

関東も大風なんですね~! 体感温度が下がりますね^^;
こちらも大雪警報、猛吹雪です~!
  • 2015/01/17
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定