「酔生夢死」

『酔生夢死 すいせいむし・すいせいぼうし』

酒に酔って、夢見心地で一生を終えること。
何も有意義なことをせずに遊んでばかりいて、無駄に一生を過ごすことをいう。


出典は、『程子語録』。

雖高才明智、膠於見聞、酔生夢死、不自覚也。
優れた才能や智恵のある人物でも見聞きしたものにとらわれると
酔生夢死して、自分で悟ることがない

程子というのは程顥(ていこう)・程頤(ていい)兄弟のことで、お二人とも北宋時代の儒学者だそうです。
ウィキペディアを読むと二人のお考えは少し異なるようなのですが、
これはどちらの方の言葉でしょうね~。

「夢」の読みは、「む」が呉読み、「ぼう」が漢読みです。



類語

『無為徒食 むいとしょく』
なすべきことを何もしないでただ遊び暮らすこと。



취생몽사 [醉生夢死]
술에 취하여 자는 동안에 꾸는 꿈속에 살고 죽는다는 뜻으로,
아무 하는 일 없이 한평생을 흐리멍덩하게 살아감을 비유적으로 이르는 말.

무위도식 [無爲徒食]
일하지 아니하고 빈둥빈둥 놀고먹음.


関連記事

Comment

ええっ、「ぼう」が漢読み! とても読めませんねぇ(汗)。

いい加減な理解では、「酔生夢死」は理想的な死に方のような気がするのですが(^^;)。

あ「無為徒食」は、まさに私のことだ〜orz
ハーちゃんさま^^

私も「ぼう」は初めて知りました~。
普通なら、漢読みが一般的で、仏語などが呉読みだと思うのですけど^^;

ホント、何だか幸せな人生を想像してしまうんですよね。(笑
何をおっしゃいまするか~、同じ24時間なのにハーちゃんさんはどうしてこんなに活躍できるのかと
いつも驚嘆しているんですよ~^^!
  • 2014/12/17
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。