正統派マンディアン。

今では手元にあるもので適当に作るマンディアンですが、
今回は久しぶりに伝統的な材料を揃えて作ってみました^^





マンディアンMendiantはフランスのお菓子で、主にクリスマスに出されますが、
今はいつでも売られていて、いろいろな種類がありますね^^
写真の真ん中のものはクルミ、ドライチェリー、ピスタチオとピンクペッパーです^^;
チョコレートとコショウの組み合わせが好きなのです。(笑
正統派は手前のものです。

丸く広げたチョコレートの上にレーズン、ヘーゼルナッツ、イチジク、アーモンドを載せますが、
それぞれが4つの修道会のローブ(僧服)の色を表していると言われています。
レーズンがドミニコ会
ヘーゼルナッツがアウグスティノ会
イチジクがフランシスコ会
アーモンドがカルメル会。

修道会といってもあまり馴染みのない方も多いと思いますが、
例えばアウグスティノ会にはマルティン・ルター、作曲家のヤナーチェクなどが属していて、
遺伝の法則を発見したメンデルは修道院長も務めたそうですよ^^


この4つの修道会が成立したのは13世紀ですが、
私はなぜか中世のこの辺りの時代のヨーロッパに強い郷愁を感じるのですね~。
それでマンディアンも時々作るようになりました。

ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』という、14世紀の修道院が舞台となっている
大好きな小説があるのですが、時代背景やキリスト教に対する知識が要求されるので
深いところまで理解するのはなかなか難しいです^^;
ずいぶん前ですが映画にもなりました。
ショーン・コネリーおじさまと、悪事にまみれる前の初々しいクリスチャン・スレーター少年が登場します♪
映画はミステリーとして楽しめるのでお薦めです。
久しぶりに見たくなりました^^


マンディアン、今回はあまりたくさん作らなかったので、
食べるのは1日1個限定でクリスマスまで繋ぎたいと思います。(笑


関連記事

Comment

これは純粋なチョコレートなのですか?

チョコレートは、テンパリングが難しいと聞きますね。温度計が必要なのかな(^^)。

「薔薇の名前」は読んでないんですよ。私には理解できなさそうだったので〜(泣)。一応読んでもちんぷんかんぷんかも知れなくて〜(泣)。

私、教会の古い宗教音楽が好きです。なぜでしょうかねぇ?
ハーちゃんさま^^

正統派なのは上に載ってる4つの材料だけで~す。(笑

ハーちゃんさんも古い宗教音楽お好きなんですね♪ 何か思い出などがあるんでしょうか^^
私もルネサンス以前の教会音楽が好きです。
旅行先で機会があるとミサに参加したりしてました^^
  • 2014/12/10
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定