「杯盤狼藉」

『杯盤狼藉 はいばんろうぜき』

酒宴のあとで、盃や皿などが乱雑に散らかっているさま。
また、乱れた宴会のさま。
「杯盤」は盃や皿。
「狼藉」は物が散乱しているさま。

「狼藉」は、オオカミが狩りなどで暴れまわっているイメージだと思っていましたが、
オオカミが寝る時に辺りの下草を踏み荒す習性があることから来ているそうです。

「狼藉」には2つ意味がありました。
1.無法な荒々しい振る舞い。乱暴な行い。
2.物が乱雑に取り散らかっているさま。

出典は、『史記』滑稽伝。



類語

『落花狼藉 らっかろうぜき』
1.花がばらばらに散ること。転じて、物が乱雑に散らばっていること。
2.花を乱暴に散らすこと。転じて、女性や子供に対して乱暴をはたらくこと。


対語

『浅酌低唱 せんしゃくていしょう』
『浅斟低唱 せんしんていしょう』
酒を味わいながら小声で詩歌を口ずさんで楽しむこと。

「浅酌」は、ほどよく酒を飲むこと。
「斟」はここでは、汲む・酒をつぐ・くみかわす。



천작저창 [淺酌低唱]
술을 알맞게 마시고 작은 소리로 노래함.


関連記事

Comment

ひぃえー、「落花狼藉」しか知らない私で〜す(^^;)。へへへ。って、笑ってごまかす!

狼藉の意味はそういう事でしたか! 

そしてやはり「史記」からの熟語、多いですねぇ。「滑稽伝」?

「落花狼藉」も、時代物の小説でしか今や見ない熟語かしら?

こちらチョー寒そうな強風が吹いています。と言うことは「良いお天気」で〜す(^^;)。
ハーちゃんさま^^

滑稽伝は、王に諫言した弁舌の立つ3人の伝記だそうですが、詳しく分かりませんでした~。
今度オヤジが部屋を散らかしたら「この落花狼藉たる様を見よ!」と言ってみようかな。
たぶん通じませんよね。(笑

関東は空っ風ですね!
明日の朝は放射冷却で寒いとか~。でもお日さまが出るのはありがたいです^^
  • 2014/12/09
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。