『太陽を抱く月』

実は最初にNHKBSで放送した時は、フィクションの史劇に
あまり魅力を感じていなくて見なかったのでした・・・。
今回地上波で見たのですが、とっても良いドラマでした♪
フィクションだから、いろいろな事を自由に盛り込める楽しさがありますね。
役名の設定が素敵でした^^ 名前の意味やあらすじなどはこちら~ 
(NHKのサイトがなくなってしまったのでリンク貼り替えました)



ヨム
このドラマの中で一番好きだった人♪
才能を生かす道を絶たれても運命を受け入れて、その中で最善の道を淡々と歩むしなやかな姿が魅力でした。
後半の、ミナ王女を見つめる温かい眼差しが良かったです。
王女が隠していた真実を知ったことと、ソルが死んだ時にも辛かったと思いますが、
免賤された王女と子供と3人できっと幸せになりますね^^


王妃
彼女は純粋にフォンが好きだっただけなんですよね。
父親の野望に乗ってしまったが最後、もうそこから抜け出せなくなってしまいました。
悲しさと恐怖でだんだんヒステリックになっていきますが、
もう何をしてもダメだと自身で分かっていましたよね。それでも他に道はなく…。
王様も彼女の純粋な気持ちには気がついたけれど、どうすることもできず、
最後は父親にも裏切られてしまってほんとうに可哀想な人生でした。


陽明君、もう一つの太陽。
明るくてひょうきんな性格が好ましくて
私の中ではヤンミョン「グン」ではなく、ヤンミョン「くん」でした。(笑
ヨヌと一緒に尺取り遊びをしているところなど、この二人もなかなかお似合いだったんですよね。
クーデターを企てる彼の本心は他にあるのでは…と思っていましたが
そのとおりで安心しました。
でも結局は…。ヨヌを思い続ける彼としては死という結末しかなかったんでしょうかね。
思いが届かなかったとしても、生きていて欲しかったです。(泣
それにしても、ユン・デヒョンも他の大臣たちもみな倒れた後なのに、
たったひとり最後の力を振り絞って槍を投げつけたあの兵士は一体どういった人だったんでしょう^^;


ソル
名付けてくれたヨムを密かに慕っていて、最後には身を挺して彼を守るソル。
やっと思いを告げることができて、ヨムの腕の中で旅立って行きました。
ヨム(炎)に触れて溶けてしまったソル(雪)。
亡くなった後もヨムを心配しているんですよね。
その天国からの声を受け取ったチャンシルがヨムに伝えます。

혹… 설이 언니야를 아세요?         あの…ソルお姉ちゃんを覚えてます?
설이 언니야가… 맨날 똑같은 걸 물어봐요.   ソルお姉ちゃんが…毎日同じことを聞いてくるんです。
늘… 행복하시니…?             若様はお幸せだろうか。
도련님은 행복하시니?            今日も幸せかな。
꼭 행복하셔야 되는데…           いつも幸せでいて欲しいって…。
이 말만 맨날맨날 되풀이해요…        今でも、毎日そればかり繰り返すんです。
행복…하세요?               お幸せ…ですか?

ユン・スンアちゃんのハスキーでボーイッシュな声が役とピッタリ合っていました^^
彼女は「コーヒープリンス」にも出ていたんですね。
見終わってから気づきました~、コーヒープリンスもまた観なくちゃ。(笑


ウン
静かな役どころでしたが、立ち回りが美しかったです。
陽明くんが亡くなった後、彼の魂を会話するシーンに胸が締め付けられました。
ある夜、訪ねてきたウンに向かって、かつて陽明くんがウンに問うたのと同じ質問をするのですよね。

雲:한 가지만 여쭤 봐도 되겠습니까.        ひとつだけお尋ねしてもよろしいですか。
  지금도 저를 벗이라 생각합니까.        今でも私を友と思ってくださいますか。
陽:벗이라… 벗이란 말은 언제 들어도 좋은 말이야. 友か…友という言葉はいつ聞いてもいい。
雲:대답해 주십시오.               どうかお答えください。
  벗으로서 제게 오신 거시옵니까.        友として…現れてくれたのですか。
陽:물론… 지금까지 그래왔고           無論…これまでそうだったように、
  앞으로도 자넨 나의 벗일세.          これから先も俺たちは友だ。

天国のソルの言葉と、このウンと陽明くんの会話が一番心に残っています。


主役のお二人、ハッピーエンドで良かったです^^
どちらかというと、主役を取り巻く人たちに寄り添って見たドラマでした。



「チャングム」でお目にかかったヤン・ミギョンさん、今回もほんとうに素敵でした。
お墓の前で泣き崩れるシーン、ヨヌとの再会のシーンなど、とても演技とは思えない涙につられました。
大好きな女優さんの一人です^^

そして、ヨヌの少女時代を演じたキム・ユジョンちゃんが可愛かったです^^
「タムナ」でのポソル役も「トンイ」も見事に演じ切っていたし、
子役とはいえこれまでの活躍ぶりを見ると、この先どこまで登って行くのか怖いくらいです。
2年前の来日時のインタビューを見て「しっかりしているな~」と思いましたが、
彼女も今や15歳なんですね。
堂々と主役を張る日も近いですね~^^


関連記事

Comment

なんかステキなドラマのようですね! そして、るるるさんは私たちとは違う一歩踏み込んだ見方をしていらっしゃるから、余計にそのドラマの良さがわかるんだと思うんです。

ユン・スンアさん、検索してみました。なんと「コヒプリ」の第一話の飛行機の中のシーンに出てるかたなのねぇ!

韓国ドラマの子役さんは、なぜかみんな演技がうまいですよね。そしてその後も楽しみ、というわけなんですねぇ(^^)。
ハーちゃんさま^^
あらすじがよく分からない書き方ですみません^^;
良いドラマでしたよ~。書ききれないほどたくさん素敵なシーンがありました。
もしかしたら、何かヘンな見方をしているのかも・・・。お気づきの点があったら教えてください。(笑

そうそう、第1話のシーンで出てきてたんですよね^^!
『太陽』のソル役、輝いていましたよ♪
子役ちゃんたちも、ほんとうに上手いですよね。
もしかしたら日本より子役の出番が多いでしょうか^^?
  • 2014/12/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
このドラマは全然見ていないんですけど、変なんてとんでもない!

ほら、私ってさらっと「面白い」「つまらない」なんていう視点でしか見ていないような気がして(^^;)。

これ長いドラマなのでしょうか?
実はいつも、「この人変!」と思われているような気がしています^^;
ハーちゃんさんは原作を読んで、ドラマには現れない深い描写を楽しんでいらっしゃいますよね~♪
私もそんな境地に到達したいです^^

このドラマは全20話でした。
ちょうど良い長さのかな~。
でも脇役さんたちが素敵だったのでスピンオフのような形で彼らを描いて欲しいです。
でも韓国ではそういう手法は聞かないですよね。
  • 2014/12/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
変なのはこちら〜(汗)。なんて言うのかなぁ、人格的に浅い、って言うのかな? そういうところがるるるさんは深いような気がして羨ましいわけです(^^)。

こういうのって直らないような気がします。生まれつき、みたいな? ふふふ。
何をおっしゃいますか~、ハーちゃんさんのことそんなふうに思う人は一人もいませ~ん。(笑
私実は小心者なので、いつもドキドキしながら記事を載せているんです。ホントです^^;
  • 2014/12/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。