마량포구 馬梁の入り江。

  • Date:2014.11.16
  • Cat:2014
レベルアップ講座第6週では、忠清南道舒川郡の風光明媚な地を巡りました。

まずは、新城里葦畑 신성리갈대밭。錦江の河口から少し入った河岸にあります。
あの、紀行文の最初の文で
북한군 송강호
と出てくるのですが…
私はこれを一瞬、「プッカン郡のソンガン湖」と読んでしまいました。(爆

頭の中ではまだ前週のカルロン渓谷の景色が広がっていて、
これまでもずっと各地の地名や湖や山がたくさん出てきていたので~^^;
その後に남한군 이병헌と出てきたので、すぐに気がつきましたけど~。
でもこんな人、きっと私の他にはいませんよね。(汗
JSAはまだ見ていないのです。
송강호さんも存じ上げなくて…相変わらず俳優さんの名前には疎いです^^;


葦原の中や周辺に散策路が整備されているそうで、なかなか楽しそうです^^
日本にも渡良瀬遊水地など葦の産地がたくさんありますが、
葦原の迷路があるようなところはあるんでしょうか。


続いて、庇仁の五重石塔(宝物第224号)。高麗初期の塔です。
百済の首都・泗沘の中心にあった定林寺の塔と比べてみます^^
左が扶余(泗沘)、右が庇仁のものです。写真はwikipediaより。

0505.jpg 0506.jpg

百済様式の他の塔も見てみましたが、
ピインのものが一番定林寺址のものと似ていると思います。
著者が言っているとおり、백제인의 미적 감각을 엿보기에 충분하다、です^^
因みに、新羅の塔と比べると両国の美的感覚の違いがよく分かります。
例えば慶尚北道義城の塔はこちら。

以前テレビ番組で知った言葉ですが、百済の文化を表すのに、
「儉而不陋 華而不侈 검이불루 화이불치」という言葉があります。
「質素だけれど粗末ではない 華やかだけれど贅沢ではない」
ほどの意味でしょうか。
映像や本などで百済の文化に触れてきて、
今ではこの言葉がじんわりと身に沁みこむように感じられます。
でもまだ実物たちに会いに行ったことがありません^^;


そして船渡里の干潟、月下城の干潟、馬梁里。

0507.png

遠浅の海なのがよくわかりますね~^^
何人の人が潮干狩りに出ているでしょうか? なんて、見えませんが^^;
月下城は地図の真ん中辺りの半島のような部分です。
마량리の字の下の西側の緑が마량리동백나무숲、 反対の東側が해돋이마을。
なるほど、こういう地形だから日の出も日の入りも見えるんですね^^

マリャンニが椿の北限ということですが、マリャンニは金沢と同じくらいの緯度です。
日本での椿の北限は青森県だそうなので、こんなところからも韓国の冬の厳しさが分かります。
ところで、북방 한계선というのはNLL(North Limit Line 黄海上に設けられた北朝鮮と韓国の
軍事境界線)の意味では知っていましたが、植物の北限にも使うんですね~。
「자생북한지自生北限地」という言い方もあるので、북방 한계선は軍事用語からの転用でしょうか。


関連記事

Comment

このへんの朝鮮の歴史に疎い私で〜す。複雑でわかりにくような気がするのですが。

百済と言うと、百済観音が思い出されるのですが、あの仏像と百済の関係はいかに? 自分で調べれば良いだけのこと、ですよねっ(^^;)。ふふふ。

百済の塔、素朴です!

韓国ドラマを見ていると、よく干潟が出て来ますよね(^^)。
ハーちゃんさま^^

私は古代史が好きなのですが、ホントに複雑でまだ知らないことがたくさんです^^;
解明されていないことも山のようにあって、どの説が本当かな~と。(笑
百済観音は謎の多い仏像で、これまたいろんな説があります。
百済観音と呼ばれるようになったのは大正時代だそうですよ~。

ドラマに干潟が登場するんですね。舒川の干潟も出ているんでしょうね~。
これから注目して見てみようと思います^^!
  • 2014/11/17
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定