「風林火山」

『風林火山  ふうりんかざん』

風のようにすばやく動き、林のように静かに構え、
火のように激しく攻め奪い、山のようにどっしりと構えて動かない。
時期や情勢に応じて適切な行動をとることをいう。


言わずと知れた武田信玄の旗印ですが、
実際に旗指物に記されたのは「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」で、
「風林火山」という言葉はその後の文献にも表れないそうです。
漢字四字の言葉を作り出したのは井上靖(小説『風林火山』)ではないかとも
言われているようです。

出典は『孫子』の軍争篇第七で、軍隊の進退について書かれた部分、
「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆。」
から引用したもの。

今ではよく知られている『孫子』ですが、戦国時代には一般的ではなく、
『孫子』を知っていることを誇示して敵を恐れさせたのではないか、という説があるそうです。

いずれにしても、信玄の旗指物については詳しい史料が残っていなくて
謎のままのようですね~。




ところで・・・
昨晩はよく眠れませんでした。
フィギュア中国大会を見ていたのですが、6分間練習で羽生くんが閻涵選手と激突・・・!
2人ともスピードに乗っているタイミングで、かなりの衝撃でした。
羽生くんがずっと起き上がれずにいるのを見て体の震えが止まらず、目の前が真っ暗になりそうでした。
普通なら棄権するところですよね。無理して更に大きな怪我につながったら大変です。
それでも、演技直前までふらふらしていたのに演技をやり通してしまう精神力はものすごいです。
閻涵選手を心配して見に行ったり、握手してお互いを励まし合う姿にも涙が出ました。
今日帰国して精密検査を受けるようですが、心配です・・・。
怪我がひどくないことと、早い回復を祈っています。


関連記事

Comment

羽生くんの事故は、見ていられません! ホント、スピードがお互いに出てからのぶつかりでしたから、衝撃も大きかったでしょうねぇ。

まずかったら命にも影響したんじゃないでしょうか。

6人の選手が一度に練習するのは危険、などという専門家の意見も新聞に載っていました。今後考えないといけない問題になるかも、ですね!

私も夜遅くまで心臓がおかしかったです。日本中でそうじゃなかったかな、って思いました。

え、この四字熟語、井上靖の創作! すごいなぁ!
ハーちゃんさま^^

羽生くんがなかなか起き上がらなくて、恐ろしい想像が頭を駆け巡りました・・・。
成田での映像を見ましたが、マスクをしていましたが目はちょっと笑っていたみたいでしたね。
今までも接触事故は何度も起きているし、練習方法が変わるといいなと私も思いました。
ハーちゃんさん、心臓は大丈夫でしょうか。ショックを受けたハーちゃんさんも心配です^^;

井上靖の創作かどうかも含めて、決定打はないようなんです。
史料が少ないというのは、なぜなんでしょうね。
当たり前の事はわざわざ文書に残さないものですが、そういうことなのか、
それとも極秘の何かがあるのか・・・謎ですね~^^
  • 2014/11/09
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定