明日は二度目の十三夜です。

旧暦の8月15日が中秋の名月、
9月13日が十三夜、
10月10日が十日夜(とおかんや)です。
十五夜と十三夜はお月見をしますが、十日夜は田んぼの神様が山に帰る日だそうで、
各地に様々な行事があるようです。

そのうちの十三夜が、今年はもう一度やってきます^^
というのは今年は「閏九月」が入るためで、これを「後の十三夜」と呼ぶそうです。
閏月は旧暦(太陽太陰暦)で起きることなので、普段あまり意識しないですよね^^;

月の満ち欠けを基準にすると1か月は29日か30日なので
旧暦の1か月は太陽の1年365日と次第にずれていってしまいます。
それを調整するために閏月を約3年に1回、19年間に7回入れるとちょうど良いのだそうです。

1年のどこに閏月を入れるかも決まっています。
二十四節気というものがありますが、
その中で冬至から冬至までを12等分した区分点を「中気」と言います。
(冬至・大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪)
中気と中気の間は、約30.44日。
月の満ち欠けの周期は、約29.53日。
なので、中気と中気の間に新月が2度やって来るタイミングが発生しますね。
そこに、閏月を入れることになります。

今年のカレンダーで言うと、
10月23日の霜降、11月22日の小雪の間に
10月24日、11月22日の新月があります。

先月のお月見を逃した方はチャンス^^?
前回2度の十三夜があったのは1843年、なんと171年ぶりのことだそうです。
閏8月がある年は中秋の名月が2度楽しめることになりますが
残念ながら当分機会は訪れません^^;



そして、昨日西日本で目撃された火球はビックリでした!
見られた人はラッキーでしたね~^^
火球は流れ星の親分みたいなもの。
燃え尽きずに地上に落下したら隕石と呼ばれます。

実は今、おうし座流星群が活動中なんですね。
画像はアストロアーツさんより 

0494.png


おうし座流星群では火球が多く流れると言われています。
「南群」と「北群」があって、南群のピーク・6日は満月の1日前で見えにくそうですが、
北群のピークは13日です。
ピークと言っても緩やかなピークなので今月下旬まで見るチャンスはあるようです。
流れ星と火球、期待して空を眺めたいと思います♪


関連記事

Comment

わぁ、火球を見た人がいたんですね! ニュースも知らずに...(^^;)。

火球は流れ星の親分、そうだったんだ!

火球は夜間は見えないのかな? 何も知らないものの質問、ミアネ〜(^^;)。へへへ。

今日の夕方は白い月が東の空に浮かんでいました(^^)。
ハーちゃんさま^^

火球が流れるのは夜、おうし座が高く昇ってからが一番可能性が高いんだと思いますが、
先日のは夕方でしたね。もしかしたら昼間にも流れているのかな~。
明るい火球なら昼間でも見えると思います^^
こちらの月も白くてきれいでしたよ~。
東京は今日から、台風接近ですね^^;
  • 2014/11/05
  • るるる
  • URL
  • Edit
えっ、台風接近ですかっ! 知りませんでしたっ!

今ごろ台風さまがいらっしゃるのですか? まぁ! あ、庭を片付けなくちゃね(^^;)
ハーちゃんさま^^

ほんとに、11月に台風だなんて^^;
明日の夕方関東に最接近しますが、上陸はしないみたいですね。
KBSの天気予報を見ていたら、「20号ヌーリ」と台風名も言っていましたよ~^^
  • 2014/11/05
  • るるる
  • URL
  • Edit
台風の余波なのか、午後から雨が降り出しました。庭のゴミ整理をした後で良かったです(^^)。ちょっと寒いので、裏フリースのトレーナーを着ています!
ハーちゃんさま^^

ゴメンナサイ、お返事遅くなりました。(汗
台風、大きな被害がなくてよかったです。東京も寒くなってきたんですね。
こちらは降らない予報だったのに雨になりました。思ったより影響があったんでしょうかね~^^

  • 2014/11/07
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定