チョムラク渓谷への旅。

  • Date:2014.10.05
  • Cat:2014
鳥舞楽渓谷、レベルアップ講座の第1週で訪れたところです^^
地名、道や川の名前、山や滝の名前などがたくさん出てきました。

京春街道、北漢川、加平川、三八橋、華岳山。
ソウルから出発して渓谷まで、地図の上で道や川をたどって行きました^^
いつも地名などが出てくると地図を開かずにはいられません。
今回は紀行文なので、文章からいろいろ想像するのが良いのだろうとは思うのですが、
やっぱり地図で確かめたくなってしまいます^^;
どんなふうに道が曲がっていたり真っ直ぐだったりするのか、
どの稜線を辿ると山頂に行けるのかとか、なるほどここが峠か~とか。
渓谷に立つとどちら側から日が昇るのかな~とか。
つまり、できることなら自分で行きたいんですよね。(笑


チョムラク渓谷周辺はこちらの地図などを見ました。 
左の加平川に沿って黄色い道路が国道75号線で、三八橋も出ています。
地図の右側には華岳山(1468m)があります。
谷に沿って鳥舞楽渓谷、伏虎洞の滝があります。
こちらの記事の文章も読みましたが楽しかったです^^
綺麗な写真もたくさんあって♪


航空写真で見るとこんなかんじです。 (google map 鳥舞楽渓谷へのリンク 

0459.png

左下の小さい文字が赤木里。
華岳山に続く南側の稜線と石龍山のある北側の稜線の間を
鳥舞楽渓谷が流れています。
拡大して低めにも飛んで、鳥の目で見るのがとっても楽しいです^^
龍沼の滝は三八橋から4kmくらい北上したところにあります。



テキスト本文を自力で訳してみていますが、翻訳というのは奥が深いですね。
固有名詞や、その国独特の事物をどう訳すのか勉強になっています。
손 바가지를 만들어 계곡물을 마셔 보았다.
という文が出てくるのですが、
この訳文を、例えば韓国関係者向けの雑誌などに載せるとしたら、
바가지を「パガジ」と訳しても理解してくれる読者は多いと思うんですよね。
心配なら注をつければいいし、パガジとすることで韓国の雰囲気がよく伝わるということもありますよね。

テキストの訳は「手ですくって渓谷の水を飲んでみた」となっています。
私はどうしたかというと、韓国で「パガジ」なら日本では「手柄杓」だろうと思ったんです。
ところが。
今回初めて知ったのですが、この「手柄杓」という言葉は辞書に載っていません^^;
昔から自分の周りでは違和感なく使われてきた言葉なのですが…
もしかしたら方言?!
と思って検索してみたら、同じ疑問を持っている方がいらっしゃいました。 
でもひょっとすると、質問者も回答者も同郷の方だったりして。(笑
新造語ならともかく、
昔からあってよく使われていた言葉なのに辞書に載っていないのはなぜ?
やっぱり一般的な言葉ではないのでしょうか^^;


書いているうちに韓国語から離れてしまいました~。
こんな風に楽しみながら勉強しています^^
明日からの第2週はトゥムルモリですね。
また地図を見ながら勉強します♪


関連記事

Comment

るるるさんと似てるわぁ! 私もすぐに地図(紙の大型)を出して道を見るほうです。それに地名とかも覚えているほうだと思います。他のことは記憶力が悪くなったのに〜(^^)。

韓国の地方に行かれたことありますか? ステキなところがいっぱいあるんですねぇ。どうもソウルか、その近辺にしか行かない観光客がほとんどだけど、勿体ないですよね。行きづらいのかな、言葉ができないと(^^;)。

「手柄杓」は使います。でもちかごろ自分の口から出たことはないかも〜。方言じゃないと思うのですが(^^)。ふふふ。

すごい大雨になっております!
ハーちゃんさま^^

ふふふ~、ハーちゃんさんも地図お好きですもんね♪
韓国はまだ行ったことがないのです。(笑
ソウルや都市部にも行ってみたいところはたくさんありますが、
いつかカメラ持って小さな町をぶらぶら回れたらいいな~と思っています^^

手柄杓、ハーちゃんさんもご存知で良かった~。
ということは、辞書に載っていないのがますます謎です^^;
確かに日常生活であまり「手柄杓」しないですよね。(笑

関東は大雨ですね。これから風が出てくるでしょうか・・・。(怖
  • 2014/10/06
  • るるる
  • URL
  • Edit
るるるさん、ハーちゃんさん、こんにちは♪
台風が来てますね。
こちらもだいぶ雨風が強くなってきました。
大きな被害が出ないよう祈ります。

チョムラク渓谷の地図ページを紹介してくださってありがとうございます。
私は方向音痴で地図には弱いほうですが、実際の写真をみることで
文章の旅をさらに実感して楽しむことができました。
とともに、やっぱり読書力(想像力)がない自分も実感。。(苦笑

手柄杓(てびしゃく)は知ってるような知らないような・・・
私は手杓子(てじゃくし)と言うような・・・
で、柄杓と杓子はどう違うんだろうと思ったところで、そろそろラジオ講座の時間ですね。
あとで調べてみます。
  • 2014/10/06
  • シフォン
  • URL
  • Edit
シフォンさま^^

こんにちは~^^ 日本海側もかなり降っていますね。雲がとっても低いです。
関東の暴風をテレビで見て慄いています。

リンクがお役に立って良かったです^^
地図を見てみると、想像したのと違うことも多くて面白いです。(笑
私も想像力が足りないな~と実感しています^^;

やっぱり、「手柄杓」は辞書に載るほどではないのかも?
ちょっと調べてみたら、柄杓という言葉は「瓢(ひさご)」から来ているようですね^^
  • 2014/10/06
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定