「鉛刀一割」

『鉛刀一割  えんとういっかつ』

鉛の刀でも一度は切れる。
微力でもお役に立ちたいという場合に謙遜していう言葉。
「鉛刀」は鉛製の刀で、切れ味は悪いが一度なら使える刀の意。
「一割」は、一度で割れるの意。
凡庸な人間でも一生に一度くらい何かの役に立てるという意味もある。

別の辞書には、
一度用いると二度と使えないことから、一度しか使えず二度と役に立たないことのたとえ。
という説明もありました。



出典は、『後漢書』班超伝(はんちょうでん)

建初三年,班超上疏请兵,曰“昔魏绛列国大夫,尚能和辑诸戎,况臣奉大汉之威,而无铅刀一割之用乎?”。
ごめんなさい、訳せません^^;


班超・・・、어디서 많이 들은 이름 같은데~、
と一生懸命思い出そうとしたのですが出てきません。
調べて、や~っと思い出しました。
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の人です。
だんだん思い出せなくなってきているこの頭・・・。(汗

32~102年、後漢の軍人です。
西域へ領土を広げるのに活躍しました。
怯える部下たちをこの言葉で鼓舞し、
たった36人で匈奴の一団に奇襲をかけ成功させたのだそうです。

前漢の張騫(ちょうけん)の活躍以後途絶えていたシルクロードを班超が再び開拓したことにより、
中国では張騫と共に称えられているそうです。 
서한에 장건이 있었다면, 동한에는 반초가 있었다. 前漢に張騫あれば、後漢に班超あり。



연도일할[鉛刀一割]
무딘 칼로 물건을 자름.
자기의 미력함을 겸칭하는 말.
두 번 다시 쓰지 못함.


不入虎穴焉得虎子
虎穴に入らずんば虎子を得ず
호랑이 굴에 들어가지 않으면 호랑이 새끼는 잡을 수 없다.


関連記事

Comment

張騫はしっていましたが、この班超という人は初耳でーす(^_^)。

だけど「虎穴に入らずんば」は有名なんですもんねー。不思議〜。いや、不思議でもないかな? 私は誰の何という書物に出ていたか、なんて何も知らないんだわ(≧∇≦)。ううぅ〜!

この四字熟語は使えないっぽいでーす(~_~;)。
  • 2014/09/12
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

日本では張騫のほうが知られているのかもしれませんね^^
私も出典は知らないものばかりです^^;
「虎穴」も、忘れていたなんて情けない~。
こんな人間でも鉛刀一割の機会があるかな~、どうでしょうかね~^^;
  • 2014/09/13
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。