『タムナ~Love the Island』

前半を見た後、1年も経ってから後半を見ました^^;
そして最後まで見終わってから1か月くらい経って、やっと外側からドラマを眺めています。
このドラマには思いがたくさんあり過ぎてまとまりません。(笑


前半は、キヤンダリの心の動きを軸に見ていました。
両班の中でも格の高い家に生まれた一人息子。
父は礼曹判書。
科挙に首席合格した秀才であり、武術にも長けています。
その優秀さがかえってあだとなったんでしょうか、
進上品盗難事件の捜査ため、タムナ(済州島)に暗行御使として単独派遣されます。
表向きは「婦女子戯弄罪 부녀자희롱죄」での流罪。
このアイディアを考えついたの一体誰ですか、王様ですか^^;

任務に就く前から島についての知識はもちろんあったと思うのですよ。
でも実際にそこで生活を始めると言葉を失うようなことがたくさん…。
物置での寝起きやおトイレ事情、漢陽のものとはまるで違う食事。
身分の低い者に一方的に怒鳴られるという無礼千万な扱いを受けても、
大上軍の迫力に圧倒されて何も言えません^^;
ポジンも貴族社会の人間から見たら、天真爛漫どころかハチャメチャもいいところ。
最初の出会いでは、ポジンをまるで汚いゴミでも見るようなスゴ~イ目つきで見ていましたね^^;

そんな中で過ごしているうちに、両班という鎧を突き抜けて心に入ってくる美しいもの。
大変な苦労の中で真っ正直に生きている人々に共感を覚えていきます。
そして、進上牌紛失事件をきっかけにポジンに惹かれていきます。
両班ならば、普通は身分差という壁は壊れないのではないでしょうか。
でもキヤンダリは違ったのですね。
そういう柔らかい人で良かった^^
最後には村人たちに愛される存在となって、送別のシーンは思い出すだけで涙が出ます。
イリアムのことで頭が一杯のポジンを見つめる切ない眼差し。
そして島で起きている陰謀を明らかにしていく姿も素敵でした^^

危険なこともたくさんありましたね~。
カロも似合ってました^^

0412.png



後半はポジンの気持ちにも寄り添って見ていましたが、
両班としてのキヤンダリの立場、3つの名前を持つヤンの事情、
ソリンとハラバン(光海君)との関係など、周りの事情も見えた後半でした。
相変わらずイリアムを一途に思うポジンですが、
それでも負傷したキヤンダリを放っておけず、結局イリアムたちと出国する機会を失って
漢陽まで来てしまいます。
キヤンダリが、都でポジンが危険に晒されないようにと動く度に
自分をイリアムから遠ざけようとしていると誤解して、
そしてキヤンダリ母や婚約者シヨンからの厳しい仕打ちもありどんどんキヤンダリを嫌っていく…。
この気持ちのすれ違いは本当に胸が痛かったです。

一方イリアムは相変わらずポジンのことで一杯。他のことはまるで目に入りません。
そんな彼にヤンは「世間知らずのお坊ちゃん」と呆れますが、
好きな人のために全てを投げ出せるか、という問いをキヤンダリに示す存在なのですね。

次第にポジンの心に変化が起き始めます。
自分と一緒にいるためにイリアムは悪に加担しているのではと不安になり始め、
気持ちは変わってないよね、と問いかけてくるイリアムに即答できません。
一方でキヤンダリをこれ以上にないくらい傷つけてしまい、
それでやっと自分の彼に対する気持ちに気づくポジン。
大きく影響したのはやはり都での生活なんでしょうね。
広い世界を見て、だんだん自分を客観視できるようにもなって、
一気に成長したんだろうと思います。
そうそう、ポジンに商才があったのには驚きました。(笑
あの人懐こさもポジンの持ち味ですね。
大人になってもそのままであって欲しいです^^


나두...막 비밀 있구 그런 여자우다. あたしも、秘密のある女ってわけさ。
キヤンダリへの気持ちを母に打ち明ける時のこのセリフが可愛くて好きです^^

0411.png



主役たちの活躍はもちろんのこと、
周りをガッチリ固めているベテラン俳優さんたちの演技が光るドラマでした。
その中の筆頭はやはりポジン母・大上軍♪
生まれて初めて訪れた、「魚より人間の方が多い」恐ろしい土地、漢陽。
身分差などものともせずに堂々とキヤンダリ母とやり合うシーンは
知らずに拳を握りしめて見ていました^^

キヤンダリ母に向かって…꺼지라! 失せな!

0410.png

このドラマの魅力の半分は大上軍のお陰なのではと思えるくらい、
キム・ミギョンさんの演技がお見事でした^^
他のドラマでお見かけしても、しばらくは大上軍にしか見えないような気がします^^;




とっても素敵なドラマなのに、
どうして放送当時16話にまで短縮されたのか不思議に思っていたんですよね…。
視聴率が低かったということですが、
それはどうやらドラマ自体ではなく、番組編成に問題があった模様です。
放送されたのが土日の午後7時55分から。
他局ではタムナより以前に「ソル薬局の息子たち」が始まっていて人気を博していました。
それでもタムナが面白かったらそれなりに視聴率を得るだろう…
と思うのは日本人の考えのようで。

「若者たちにはこの時間帯のチャンネル選択権はない!」

この発言はちょっとした衝撃でした^^;
その家の年長者が「ソル薬局」を見ていた家庭では「タムナ」を見ることは出来なかったようなのです。
どの番組を見るかということにも年功序列が大きく働く韓国社会なのですね。
他にも、
早期終映決死反対
視聴率が重要でも、ドラマのクオリティーも考慮して
視聴率だけで判断してはいけないドラマだ
こんな編成しておいてひどい
など、ドラマ短縮に対して意見が殺到したそうです。
そもそもどうしてこの時間帯に組み入れられたのか、そのあたりの事情は分からないのですが^^;

タムナ自体は当時ネット検索1位、有料ダウンロード1位。
韓国ではDVDを買って見るよりダウンロードが主流だそうですが、
タムナに関しては全21話の監督版DVDが大いに売れたようです。




ふと頭に浮かんだお気に入りシーンのひとつ。
キヤンダリがポジンを一晩看病して部屋から出て来ると、
大上軍が朝ごはんを用意してくれていました。
お膳の前に座ると、傍らに置いてあったパガジに気づきます。
そうだ、と手に取って中にご飯をポイ、おかずをポイポイ。
タムナの人々がしていたように混ぜご飯にして嬉しそうに食べます^^
島に渡った当時は「人間の食べ物か?!」なんて言ってたのにね。(笑

0415.png

0413.png

0414.png

0407.png

大口開けているところを切り取っちゃってゴメンなさ~い^^;


関連記事

Comment

面白そうですねぇ。「ソル薬局の息子たち」と同時間帯でしたか! 「ソル...
は全回見ました。

韓国ドラマ、視聴率が悪くても私は大好き、というのがありますよね。運が悪くて視聴率が良くないドラマ、気の毒ですね(^^;)。

キム・ミギョンさんは「インスンはきれいだ」というドラマで印象深い女優さんだったので覚えています。これも視聴率はどうだったのかなぁ。うちは主人と二人、とっても面白く見たんですよ!

「奇皇后」、ハ・ジヨンさんは、10年前とまったく変わらず若くてキレイなので「どうして?」って思っちゃいました! あんなにキレイなら、男だって気づかれるはず、なんちゃって(^^;)。ふふふ。
ハーちゃんさま^^

あらすじもよく伝わらない書き方でスミマセン^^;
そうですね、視聴率が低くても良いドラマって日本でもありますよね^^
「インスンはきれいだ」、今あらすじを見てきました。
キム・ミギョンさんを見てみたい気がしています♪

ハ・ジウォンさん、ほんとに変わってなくて一体どうなっちゃっているんでしょう?!(笑
第4話で既にスンニャンを巡って火花が飛び始めていますね~^^;
  • 2014/09/02
  • るるる
  • URL
  • Edit
るるるさん、こんにちは♪
ついに見終わったのですね。
本当に面白くていいドラマなのに、見てる人が意外と少ないんですよね。
かく言う私も、イリアムの外見だけ見てしばらく放置していたし・・・。(苦笑
韓国での苦戦は裏番組のせいでしたか。

「インスンはきれいだ」も地味なドラマですけどいいですよ。
キム・ミギョンさんは『成均館...』のユニのお母さんでもあるので、そのイメージで本を読んでいます。
  • 2014/09/04
  • シフォン
  • URL
  • Edit
シフォンさま^^

きゃ~、コメントありがとうございます^^!
やっと見終わりました。(笑
素敵なドラマと出会わせてくださってありがとうございました。
こんなに素敵なドラマなのに、見ている人そんなに多くないんですね。
イリアムで躊躇する感じは少し分かるかも^^;

シフォンさん、ドラマたくさんご覧になってるんですね~^^
「インスン」も「成均館」も見たいです。
あ、去年おすすめして頂いた「魔王」もこれからです。
これからちょっとペースが上がるといいのですけど^^;
  • 2014/09/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定