「浮石沈木」

『浮石沈木  ふせきちんぼく・いしをうかせきをしずむ』

石が浮いて木が沈むことはないのに、それが事実としてまかりとおってしまう。
無責任な言論がいつしか現実味を帯び、世間に受け入れられてしまうこと。

出典は、『魏志』孫礼伝
孫礼は魏に仕えた武士・政治家で、剛毅果断、厳格正直の人だったそうです。 



類語

『三人成虎  さんにんせいこ』 
三人までが市に虎がいると言えば事実でなくても信じられるようになるという
『戦国策』魏策の故事から。
無実無根の風説も、言う人が多ければ、ついに信じられるようになることのたとえ。
「三人市虎(しこ)を成す」、「市に虎あり」ともいう。


魏は隣国の趙と友好を結ぶために、
龐葱(魏の大臣)と太子を捕虜として邯鄲(かんたん、趙の都)に送ることになっていた。
出発する前に龐葱は魏の王に尋ねた。
「もしある者が”市場に虎が現れた”と申したらお信じになりましょうか?」
王は「いや」と答えた。
「もし2人の者が”市場に虎が現れた”と申したらお信じになりましょうか?」
王は「そうかも知れぬと思うだろう」と答えた。
「もし3人の者が”市場に虎が現れた”と申したらお信じになりましょうか?」
王は「信じるだろう」と答えた。
龐葱は言った、
「しかるに市場に虎がいないのは明らかです。
しかしながら3人の者が申しますれば真実のように聞こえるのです。
邯鄲は市場などよりもずっと大梁(魏の都)から離れております。
そして私を中傷する者も3人どころではありますまい。
なにとぞ王はそれをお心に留め置かれますよう。」
王は「言われずとも解っておる」と答えた。
このようにして龐葱は王に別れを告げたが、龐葱に対する中傷はすでに始まっていた。
その後太子は解放されたが、龐葱は王から謁見を許されなかった。

結局魏王は龐葱その人ではなく、讒言のほうを信じてしまったのですね^^;

原文とその英訳を見つけたので英文から訳してみました。
龐葱(Pang Cong)の日本語読みがわかりません。「ほうそう」でしょうか?^^;



삼인성호 [三人成虎]
근거 없는 말도 여럿이 하면 곧이듣게 됨을 이르는 말.
세 사람이 짜면 거리에 범이 나왔다는 거짓말도 사실처럼 될 수 있다는 말에서 유래되었다.
출전은 《전국책(戰國策)》의 <위책(魏策)>, 《한비자(韓非子)》의 <내저설(內儲說)> 상편이다.


関連記事

Comment

あららら、初めて見ますけれど、面白い四字熟語ですねぇ(^^)。

「三人成虎」は、特に「ふむふむ」となりました。ネットの時代にもあてはまるような気がします(^^;)。

ハーちゃんさま^^

私も初めて知りました~^^
ほんとにそうですね、ネットの危険な側面にも通じますね^^;
世の中情報に溢れていますが、自分自身で真偽を確かめられるものはとっても少ないですよね。
振り回されないように気をつけなくてはいけないな、と思いました。
  • 2014/08/28
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。