第19課  地下鉄で行きます

「使える!伝わるにほんご」、今回は手段・目的の表し方です。


交通手段
〔乗り物〕+で
 何で行きますか?
 地下鉄で(バスで・車で・飛行機で)行きます。
 例外:歩いて行きます。


目的
〔名詞〕+に    
 家族で映画に行きます。 (「家族と」でも良い。) 
 仕事に行きます。
      
〔動詞(ます形)〕+に行く  
 見る ⇒ 見に行く   私は明日、映画を見に行きます。 
 する ⇒ しに行く   私はと友達2人と、3人でカラオケに行きます。
 
*家族で : 自分を含めて一つのまとまりと考えている
 家族と : 家族+自分というイメージ



桜子さんが解説しているところに動詞レンジャーが乱入!
「行く」「もどる」「来る」「帰る」を正しく使えていますか?と質問を投げかけます。
ここで一時停止して考えてみたのですが・・・
「もどる」と「帰る」の説明が上手くできませんでした^^;
解説はこうです。

「行く」場所 : 話し手や行く人が今いないところ
「戻る」場所 : 話し手や戻る人が前にいたところ
「来る」場所 : 話し手や来る人が今いるところ
「帰る」場所 : 「家」のように、帰る人がいつもいるところ
          また、「国」のように、帰る人がいつもいたところ 

おお~、分かりやすいです^^!
「行く」と「来る」の混乱につていは、第13課でも出てきていましたね。
今書いていて、
「一旦家に戻る」と「一旦家に帰る」では微妙なニュアンスの違いがあることに気付きました。




今回の「にほんごの泉スタジアム」では、硬い表現がたくさん出てきました。

・これにて終了いたします
・言わざるを得ない
・事故になりかねない (「事故にならない」だと思っていた)
・責任を負いかねる (「責任を負ってくれる」と思っていた) 
・つかぬ事をお伺いしますが (何をつかもうとしているの?)
・ご自愛ください (自分を愛してください? 言われなくても愛していますけど?)

「つかぬ事・・・」の「つかぬ」は「くっつかない」という意味で、
今までの話とくっつかないことをお伺いしますが、
突然質問するけどいいかな?
ということだそうです。
実は私も、何がどう「つかぬ」のか初めて分かりました^^;

飯間先生のまとめは、
硬い表現は会話では意味が通じにくいが、
メールや手紙では多少硬い表現のほうが気持ちが通じるということはある。
「礼儀正しさ」を求めて硬い表現になることがある。
ということでした^^

最後に出てきた「いたしかねます」、
皆さんの頭上にはてなマークが飛び交っていたような・・・^^;


関連記事

Comment

ホントだっ。「一旦家に戻る」「一旦家に帰る」は違いますねぇ。どういう風に、って言われると説明がむずかしいですね(^^;)。

日本語を教えるって、並大抵の知識ではムリだと思いました。きちんと教育を受けてからでないと教えられませんねぇ。しゃべってはいるんだけども(^^)。
ハーちゃんさま^^

そうそう、違うのはわかるけれどうまく説明できないんですよね^^;
どういう理由で家に向かうのかや、家に到着してからとる行動にも違いがあるような気がします^^

ほんとに、日本語を教えるって難しいことなんだな~と
この番組を見ているとひしひしと感じます^^;
しゃべっているのに知らないことばかりです。(笑
  • 2014/08/22
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定