山夕詠井中月 산석영정중월 / 李奎報 이규보

  • Date:2014.08.10
  • Category:
李玉峰さんに続いて、またドラマで学んだ詩です^^
『太陽を抱く月』に出てきた詩です。


山夕詠井中月  산에서 밤을 보내며 우물 속의 달을 읊다

山僧貪月色   산사(山寺)의 중이 맑은 달빛 탐내어
幷汲一甁中   물과 함께 한 항아리 담뿍 떠갔으나
到寺方應覺   절에 가면 의당 알게 되리라
甁傾月亦空   항아리 물을 쏟고 나면 달빛 또한 비게 됨을
<한국고전번역원 譯>


山で夜を過ごし井戸の中の月を詠む

山に住む僧が月明かりを欲しがり
月が映った水を瓶に汲んでいる
寺に戻れば僧は気づくだろう
瓶を傾ければ月明かりも消えてしまうと


李奎報 (이규보 り けいほう、1168年 - 1241年) 高麗の文人。
幼時より文筆の才能に優れ、9歳で奇童と呼ばれ、
さらに四書五経・仏教・道教の書物を読みこなし、詩文に長けたという。
8000を超える詩作は『東国李相国集』に収められている。
また説話文学である「白雲小説」も有名である。
崔瑀政権のもとで政治家としても活躍し、1232年には元の侵入にあたって、
元の太宗に書状を提出して撤兵させたといい、
その功績によって枢密副使吏部尚書・集賢殿大学士参治政事を拝命した。(Wikipedia より

高麗の大文豪と呼ばれているそうです。8千もの作品が残っているのですね。
上の詩は、般若心経の色即是空の思想が根底にあるそうです。



ドラマの中では、ヨヌが世子にお詫びの気持ちを表すのに
この詩を引用します。

0401.png

かように月明かりを留めようとするならまだしも
無礼な私をお心に留めて一体何になりましょう
隠月閣でのことは何とぞもうお忘れください
反省しております

上質の紙を買い求め、自分で染め上げ押し花をあしらって文章をしたためます。
こんな反省文をもらったら、忘れられる訳がないですね~。(笑
13歳にしてこの才気と気遣いにあふれるお手紙。
フォンはますますヨヌに惹かれていきます。



現代人はずいぶん漢詩から遠ざかってしまったなあ、と
韓国古典翻訳院の方がおっしゃっていました。
韓国でも古典との距離が開いてきているんですね。
でも、こんなふうに現代でもドラマに漢詩が登場するのを見ていると
日本人として漢詩との距離の近さを感じます。
日本では平仮名と片仮名ができたことで、漢詩との付き合い方が変わったんでしょうね。
そういえば、大河ドラマ「平清盛」では和歌がたくさん出てきていましたね~。


関連記事

Comment

あれ、私、コメントしたつもりが〜(^^;)。

ブロ友さんで「書道」「ハングル書道」「絵画(南画)」「篆刻」などをオシェいていらっしゃるかたがいます。あ、韓国語も教えていらっしゃるんですよ!

そのかた、ご自分で紙を染めてそこに字をしたためたりなさるかたなんです。るるるさんのこの記事を教えてあげました(^^)。

韓国のかたは、今でも詩が好きですよね。どこからか漢詩から現代詩になってしまったのかも知れないですけども。
ハーちゃんさま^^

わ~、ハングル書道をなさっている方がいらっしゃるんですね^^!
実は実は、韓国ドラマに出てくる屏風や手紙などの書を見るのが大好きで、
いつも一時停止してうっとり眺めているんです。
漢字の書も見事ですが、毛筆で書かれたハングルにもとっても惹かれていて、
真似して書いてみようと思っているくらいです。(笑

なるほど、漢詩の精神は現代詩に引き継がれているんですね!
そういえば、地下鉄の構内に詩が書かれているんですよね^^
  • 2014/08/11
  • るるる
  • URL
  • Edit
やっだー、オシェですって(≧∇≦)

えっとね「ナリナリの好きな仁寺洞」と言うブログでーす。見に行ってくださいねー!
  • 2014/08/11
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
全然大丈夫です!
私の方こそが、意味不明のコメントになってしまったり・・・スミマセン^^;

教えていただいてありがとうございま~す^^!
早速お邪魔しに行ってきます♪♪
  • 2014/08/11
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定