「八面六臂」

『八面六臂  はちめんろっぴ』

一人で何人分もの活躍をすること。
また、いろいろな方面で際立った活躍をすること。
「面」は顔、「臂」は肘・腕のこと。
仏の力の偉大さを示す、八つの顔と六つの腕を持つ仏像のイメージから出た語。


類語

『三面六臂  さんめんろっぴ』

阿修羅ですね。
ということは、言葉としては『三面六臂』の方が先に生まれたんでしょうか。
調べてみたら、
「八」が多方面を表すことから「八面」に変化したようです。
また、八面六臂の仏像は存在しないそうです。

三十三間堂の勇ましい阿修羅も良いですが、
奈良興福寺の少年阿修羅がとっても好きです^^


関連記事

Comment

興福寺の阿修羅像しか知りませんでした。イケメンとか言われてますよね(^_^)。

どういう人が彫ったのでしょうか?

話は変わりますが、新聞に「江戸城を再建」というニュースが載っていて驚きました! 木造で作るそうですが、まだ確定ではないのかな? 皇居内に作るわけですから、そう簡単にことが運ぶかどうかねー(~_~;)
  • 2014/08/01
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^

わはは、イケメンですよね^^
あの憂いを帯びた表情が切ないです・・・。3つのお顔、みんな表情が違うんですよ。

作者は、百済から渡来した仏師・将軍万福(しょうぐんまんぷく)だそうです。

江戸城再建ですって~?!
皇居内のどこにそんな土地が・・・。一部だけということでしょうか。
今後のニュースが気になります^^
  • 2014/08/01
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。