第16課  動詞の変化を学ぼう

「使える!伝わるにほんご」、
今回は動詞の「辞書形」を「ます形」にします。
動詞は3つのタイプがあります。


動詞1 : 語尾が「る」以外で終わり、 語尾の前の音が「a,u,o」音。
       語尾を「い段」にして、「ます」をつける。
 話す    ⇒ 話し + ます
 買う    ⇒ 買い + ます
 分かる   ⇒ 分かり + ます 


動詞2 : 語尾が「る」で終わり、「る」の前の音が「i,e」音。
       語尾の「る」を取り、「ます」をつける。
 起きる  ⇒ 起き + ます
 食べる  ⇒ 食べ + ます

 * 「入る・要る・帰る・切る・走る・知る」 などは動詞1のグループなので注意。
 * 「知る」は通常「知っています」を使う。


動詞3 : 来る・する
 来る ⇒ き + ます
 する ⇒ し + ます


国語の勉強で言うと、
動詞1は、五段活用
動詞2は、上一段活用と下二段活用
動詞3は、カ行変格活用とサ行変格活用
ということですね^^



「にほんごの泉スタジアム」は、動詞の使い方の疑問。

・韓国には「貸す」がないので、貸したい時に「借りてください」と言ってしまう。
 フィンランド語でも「貸す」「借りる」が同じだよ~とアカキさん。

・「うそをつく」の「つく」が「付く」に思えて、「私はうそをつけます」と言ってしまうアカキさん。
 フランスのバティストさんも同じだそうです。

・更にバティストさん、「汗をかく」を「汗をかける」と言ってしまう、と。

・ペルシャ語では、「思い出す」を「思い出づる・思い出る」と言いたくなる、
 「思い出す」は強制的なイメージがする、とナジミさん。

母国語と「ずれ」のある部分で悩んでいらっしゃるんですね~。
私も外国語を学ぶ時はそうですね^^;

「うそをつく」の「つく」は、口から出るという意味ですが、
「服にインクを付ける」と同じ感覚で「うそを付ける」と言いたくなるようです。

面白かったのが、「出る」と「出す」。
「子供が道に飛び出す」という言い方は、
自分から出る訳なので「飛び出る」のほうが良いのかもしれないが、
ここでの「飛び出す」は「飛び出る」とほとんど同じ意味で使われている。

いや~こんなこと、全然気づかずに使っていました。(笑
ということは、日本語の動詞には英語の「自動詞/他動詞」のようには区別できない
曖昧な部分があるということですね。



慣用表現や若者言葉なども出てきました。
・フリーマーケットに出店していたら、「少し泣いてください」と言われた。
・社長が部下にきれた。
・彼女に告った。

飯間先生からも1例。
「ポチる」はインターネットショッピングをするという意味。
飯間先生、
「実は先日、5000円のお菓子をポチっちゃったんですよね~」
と言いつつ、夢子さんの反応を待っていますが、
完全に無視して番組を進めるクールビューティー夢子さん。
強い~!(笑 



日本語の品詞の割合も、初めて知って驚きました。
名詞が約8割、
動詞が約1割だそうです。
動詞、こんなに少ないんですね!
少ないがために、他の品詞に「~する」「~る」をつけて動詞化するのだそうです。
逆に言うと、「する・る」があまりにも便利なので動詞が発達しなかった?

因みに、英語の場合は動詞が約2割と聞いたことがあります。



新しい動詞も使ってみると楽しいと思いますよ、
と飯間先生がおっしゃっていました。
確かに日本人でも、新しい言葉をスパイスのように使うと楽しいし、
使わなくても、知っていると若者たちと話が通じますね~。
以前私も、
え~、「リア充」知ってるんだ~! うちのお母さんは知らなかったよ~!
と驚かれましたが、そのあと話が弾みました^^


関連記事

Comment

活用も、海外のかたには難しいのではないか、といつも思っているのですが、どうでしょう? いや、実は私がわかっていないのかなぁ(^^;)。使えてはいても教えられない、と言う...。日本語はとても教えられません、私。

名詞が8割、って本当にビックリしました。なんか実感していませんよね? ふふふ。

新しいことばですが、ある程度は知っていたほうが楽しいですね。今はネットの時代だから、そのつもりになればあまり若い人に遅れをとらなくて済むかも(^^;)。ネットをしない人の場合はどうしたら良いのかしら?
ハーちゃんさま^^

小学校の時に活用をブツブツとつぶやいていた記憶がありますが、
あれを外国語として覚えるのかと思うと・・・頭が痛くなりそうです^^;

そうでうね~、年代差からくる言葉の壁はネットがあれば乗り越えやすい気がしますね^^
私の母などはほとんど知らないと思います。(笑
  • 2014/07/26
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。