第15課  田中さんはきのうレストランで…

「使える!伝わるにほんご」、
今回は、いろいろな情報をつけて長い文を作る、です。

〔人〕は + 情報
 アンナさんは朝テレビを見ますか?
         いいえ、見ません。  (〔人〕は の情報は必要ない
         いつ見ますか?
         夜見ます。

「食べました」に情報をつける
 アンナさんは昨日         〔人〕は + 〔時〕(に)   (逆でもよい
 レストランで友達と        〔場所〕で + 〔誰〕と    (逆でもよい
 ステーキを食べました。     〔物〕を + 動詞      (必ずこの順番

名詞・ナ形容詞・イ形容詞を使って更に情報を加える
 アンナさんは昨日の夜
 有名なレストランで新しいボーイフレンドと
 高いステーキを食べました。  (ああ、小田さんフラれてしまいました…

質問に答える時の頻度の副詞
「はい」と答える時   
 お酒を飲みますか?    はい、毎晩(よく・時々・たまに) 飲みます。
「いいえ」と答える時 
 スポーツをしますか?    いいえ、あまり(めったに・ほとんど・全然) しません。


ちょっと待って~。
私今まで、「めったに」より「ほとんど」のほうが頻度が高いのかと思っていました。
「滅多」という語感が強い気がして。
辞書で調べると…

滅多に   まれにしかしないさま。まれにしか起こらないさま。
殆ど    大多数。大部分。 全部とはいえないが、それに近い程度に。おおかた。
まれ    実現・存在することが非常に少ないさま。

こんな説明を見つけました。 
間違えたまま何十年も生きてきたみたいです…@@;




「にほんごの泉スタジアム」

・長い文の場合、一部が分からないだけでも結局最初から言ってもらうことになる。
長い文の一つの情報だけを聞きもらした時に、
「なんて?」と聞き返しても、どの部分をもう一度聞きたいのかが伝わりにくいですね^^;
・日本語は修飾語が多いので、文の最後まで聞かないと分からない、通訳できない。
・電話で情報を聞くのが難しい。
・つい「あれ、あれ」と言ってしまい情報が伝えられない。

などなど。
日本人でも情報が多かったり電話の場合は辛いです~^^;

日本語の語順では修飾語句は全部動詞の前につくので何だか重たい感じ?
英語のように大事な情報から優先させる語順のほうが分かりやすいんでしょうかね^^;
でもこれは、文化の違いでもありますよね。


職場で人より先に帰る時に
「すみません、ちょっとこの後ありまして…」と言うと
大体、別の仕事があるんだろうと思ってもらえるが、実は見たいテレビがあるのかも…。
こういう使い方はズルいので、
必要な情報は伝えなければならない。
という最後のまとめでした^^


関連記事

Comment

ありゃ〜! 私も「めったに」と「ほとんど」の頻度を取り違えて使ってきました〜(汗)。え〜、そうだったの?って感じです。

もしかしたら日本人のほとんどがそうなのではないかしらん(^^;)。ふふふ。

情報ありがとうございます!
ハーちゃんさま^^
ハーちゃんさんもお仲間でちょっとホッとしていま~す。(笑
でももしかしたら、個人個人で捉え方が違ったり、
地域によって違ったりするのかもしれないですよね^^
とりあえず、どちらでも大きな誤解は生まれませんよね。(笑
  • 2014/07/18
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定