第12課  5時に行きました

「使える!伝わるにほんご」、第12課は…見逃しました^^;
放送日が変更になっていたことに早く気づいていれば
再放送を捕まえることもできたのですが、うっかりしていました~。

タイトルからすると、過去形の続きですね。
「いつ、どこで」などの情報を加えた表現の練習だったでしょうか。

月曜日の再放送の終わりのほうだけ見たのですが、季語の話をしていました。

蛙といえば春。
ほととぎすといえば夏。
月といえば秋。
火事といえば冬。

月は新月でなければ1年じゅう見えるし、火事もいつでも起きうるのですけどね^^;
でも、どうしてその季節と結びつくのかを知ったらちゃんと納得できます。

現代の歳時記には5000以上の季語が載っているそうで、増え続けています。
HAIKUは全世界に広がっていますが、
季語については地域によって季節感が違うでしょうし、
季語になっているもの自体が無い国もあるでしょうし、
実際のところ季語を入れるかどうかは自由のようですね。
五七五にこだわらずに詠む人もいます。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。