ギボウシとドクダミ。

今朝は6時過ぎにお散歩に出ました^^






ギボウシ。
以前、ユリ科として覚えましたが、
今の分類ではクサスギカズラ科リュウゼツラン亜科だそうです。
お花についてよく調べるようになってから、度々新分類に出会います。
まだまだ植物も未知なる世界なんですね^^

0321.jpg

全体像を見るのと、こうしてお花に寄って見るのとでは印象が全然違います。
ギボウシは葉っぱの存在感が大きいですよね^^






0322.jpg



ヤエノドクダミです。
一重咲きのドクダミもそうですが、
小さくて黄色いのが本当の花で、白い花びらのような部分は総苞片です。

0323.jpg




八重咲きでも匂いはドクダミ。(笑
子供のころは好きではなかったのですが、
今では嫌な匂いだとは思わなくなりました。

0324.jpg



そうそう、今年も家のすぐ近くにトラフズクがやって来ています^^!
日が暮れてから夜明けまで、時にはお昼近くまで
「キィー」とよく通る声で鳴いています。
まだ姿を見ていないのですが、
明日の朝、時間があったら探してみようと思います♪


関連記事

Comment

トラフズクですか! 姿も目にすることが出来ますか?

るるるさんは、きちんと「科」までお調べになるんですねぇ(^_^)。新しい科になることがあるんだ! まぁ!

ギボウシは、日本ではあまりに普通にあって、特にどうとは思われない花でしたけど、イギリスでブームなって、その人気が逆輸入されたそうですね(≧∇≦)。

八重のドクダミは、花びらのつき方が優雅ですねぇ!これは園芸品種かな?

こうやって近くで撮って見せて下さるからこそ、わかることですねぇ(⌒▽⌒)。
  • 2014/06/18
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
トラフズク、木の高い枝に止まっているのでなかなか写真は撮れませんが見えますよ♪
でも今朝は見つかりませんでした^^;
夜はちょこちょこと飛び回っています。

ギボウシ、外国人のお陰で良さを再認識することができたんですね~♪
八重ドクダミは園芸品種かもしれないですね。
または自然発生したものを園芸種として固定したんでしょうか。
やっぱり寄って撮るのが好きです~。(笑
  • 2014/06/18
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。