「清廉潔白」

『清廉潔白  せいれんけっぱく』

行いや心が清く正しく、私欲や偽りがまったくないこと。
「清廉」は心が清らかで行いに私利私欲がないこと。
「潔白」は汚れがなく清らかなこと。


類語

『青天白日  せいてんはくじつ』
1.よく晴れ渡った天気。
2.心にいささかも後ろ暗いところがないこと。
3.無罪であることが明らかになること。

「晴天白日」と書くのは誤りだそうです。
間違えそう…^^;

出典は、
『韓愈』の崔群与書に、「青天白日は、奴隷も亦其の清明を知る」とあるそうです。



청렴결백 [淸廉潔白]
성품과 행실이 맑고 깨끗하며 아무런 허물이 없음

청천백일 [靑天白日]
환하게 밝은 대낮


韓国語の「靑天白日」は1番の意味だけなんですね。
諺が一緒に出ていました。

청천백일은 소경이라도 밝게 안다

장님도 맑게 갠 하늘의 밝은 해는 안다는 뜻으로,
누구나 분명히 알 수 있는 사실임을 비유적으로 이르는 말


関連記事

Comment

あー、私「青天白日」の1番の意味、知りませんでした! 

ホントだ。「せいてんはくじつ」で変換すると「青天白日」しか出ませんねぇ。晴は出ないんですねぇ。そうだったのか...(^^)。
ハーちゃんさま^^
私も1番の意味で使っているのは知らなかったのですが、調べてみたら
獅子文六という方の「青春怪談」(1954年)という小説に出てくるそうですよ^^

「ただし、もう、室内は、ごめんだね。たとえ、墓地茶屋のような所にしてもだね。
お目にかかるなら、青天白日の下に、願いたい。」
  • 2014/05/19
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。