「玉石混交」

『玉石混淆・玉石混交  ぎょくせきこんこう』

優れたものとつまらないものが入り混じっていること。
「玉石」は宝玉と石。
「混」「淆・交」も入り混じるの意。

「玉石混合」は誤り。


出典は、葛洪(かつこう)の「抱朴子 ほうぼくし」尚博(しょうはく)より。
葛洪(283~343)は、西晋・東晋時代の道教研究家・著述家。
抱朴子は神仙思想と煉丹術の理論書で、
葛洪自身も尸解法(自分の死体から抜け出して仙人となる方法)を体得し、
死後仙人になったと伝えられているそうです。

道教は、以前陰陽師についてあれこれ勉強した時に一緒に勉強してみましたが、
まだまだ分からないことが多いです^^;




類語

『玉石雑糅  ぎょくせきざつじゅう』
良くて優れたものと粗悪な物が入り混じっていること。

「糅」は、いろんな穀物の粒をもんでまぜるの意味を表す。
① まじる。まぜる。まじえる。
② まぜめし。かてめし。かて。主食に他のものを混ぜて炊いた飯。


『玉石同架  ぎょくせきどうか』
宝石と石和同じ箱に入れておくことで、賢者と愚か者を同じ所に住まわせること。




옥석혼효 [玉石混淆]
옥과 돌이 한 궤에 있다는 뜻으로, 옳은 사람과 그른 사람이 뒤섞여 있음을 비유적으로 이르는 말.

옥석동궤 [玉石同櫃]
옥과 돌이 한 궤에 있다는 뜻으로, 착한 사람과 악한 사람이 뒤섞여 있음을 비유적으로 이르는 말.


関連記事

Comment

ええっ、るるるさん、陰陽師について研究したの? 

私は研究とはほど遠く、ただイメージで興味を持って、前に京都に行った時に一人で「晴明神社」に行ったのです! ふふふ。

研究の結果は? 教えてほしいわ〜(^^)。
ハーちゃんさま^^
いえいえ~、研究なんていうそんなレベルではありませぬ。(笑
岡野玲子さんの漫画で陰陽師にハマって、陰陽師や道教についての本を読んでみたのです♪
私も清明神社や一条戻橋に行きました~^^!
もしかして清明神社でハーちゃんさんとすれ違っていたりして…?!(笑
  • 2014/04/12
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定