小学館朝鮮語辞典。

自分に合った辞書を選ぶって意外と難しいんですよね。
とは言っても韓国語の場合は英語よりずっと選択の幅が狭いのですが^^;
NHKのラジオ講座を始めてしばらくして辞書の必要性をひしひしと感じてきて、
やっと、この辞書でやっていこうと決心がついたのでした。

11万語。
もっとコンパクトで初心者に優しい辞書もありましたが、
早く使いこなせるようになれ~と、自分をムチをくれる意味でこの大きな辞書にしたのです。
簡単に勉強を放棄できないように自分を縛る意味もあったでしょうか。
三日坊主大好きなんですよね^^;

カナダラ順も、細かい字母順もよく知らなかったので、
「この辞書の使い方」のページに付箋を貼って行ったり来たり~。
「テレビでハングル講座」でヨンアちゃんが
カナダラマパサ~アジャチャカタパハ~♪
ときらきら星のメロディーで歌っているのを聞いてからは辞書を引くたびに歌っていました。
初声の順番はこれでOKでしたが、
中声の順をきちんと覚えるのは1年くらいかかったと思います。
ノロいですね~^^;

最重要単語のみ大見出しになっていて、発音のカタカナ表記がついています。
超初心者のころは引く単語はほとんど最重要単語だったのですが、
最初は発音を間違えて読むことが多かったので、カタカナ表記は助かりました。
そして、慣れてしまえばもうカタカナは不要になるので、
この辞書の配慮は私にはとてもありがたかったです^^

一度引いた単語には色鉛筆で頭にポチっと印をつけることにしました。
忘れてしまって再度調べた時に
悔しいな~
と思えればやる気につながるかな、と思って^^

最初はハングルそのものに慣れていないせいで同じ単語を2度3度と引きました。
そのうち、調子が出てきて覚えが早くなってきました。
そして調べる単語のレベルが上がってくるとまた何度も引く単語が増えていきました。
あ~、あの時調べたじゃないの。悔しいなぁ、と。
それでも、そう思えるうちはまだ良かったんですよね。
そのうち調べた覚えはあるものの、いつどこでだったか思い出せないようになり、
さらに以前調べたという記憶すらない、という状態になっちゃいまして。
あ~あ^^;

中級の勉強を始めてしばらくすると、
辞書に載っていない単語に出会うことが増えてきましたね。
辞書にない意味で使われている単語も。

この辞書、1993年初版です。
国語や英語のように利用人口が多いものとは違って、そう頻繁には改訂されないのでしょうね。
それでも、まだまだたくさん学べるのでありがたいです。
最初からこの辞書にして良かったと思っています^^


関連記事

Comment

辞書って大好き!
暇な時に用がなくてもめくることもあり。
でも私の場合、あくまで英英辞典とか国語辞典に限定ですよ。
私も紙辞書では一度引いた単語には、マーカーが付いているけど、
後で見返してあまりにも記憶に残ってなくて呆然とすることも。
でも最近はもっぱら電子辞書でチャラっと引いちゃうヤツなので、
単語の覚えなんてまぁひどいものだと自負しています(-_-;)

なんだかんだと言いながらも学ぶ姿勢をキープしている、るるるさま。
すごいですよ。自信持ってくださぁーい。
大嵐小嵐さま
辞書って楽しいですよね~。身近なところに仲間がいて嬉しいです^^
私も電子辞書も使いますが、楽しもうと思ったらやっぱり紙の辞書よね。
ぶらぶらと散歩するようにページをめくるの大好きです。
でも最近はあまりそういう時間がないかなぁ^^;

3日坊主な私にしては勉強が続いているのかもしれませんね。
でも語学は超超長距離なので、まだまだ先は長い。
息切れしないように頑張ってみまーす^^激励ありがとー♪
  • 2012/12/06
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)