「音吐朗朗」

『音吐朗朗  おんとろうろう』

発声がよく、声量が豊かで声が響き渡ること。
「音吐」は発声、音声。
「朗朗」は声が高く澄んでいるさま。



これは日本の熟語のようです。
음토랑랑 であるかな~と調べてみたら、
韓国人の方が日本語を勉強しているサイトに出ていました^^

詩나 문장을 읽는 소리가 멀리까지 또렷이 울리는 모양.


関連記事

Comment

これは年寄りには慣れ親しんだ熟語かな(^^)。

でも日本製だとは知りませんでした。いつ頃から使われているのかしら? どこから来ているのかしら?

今日、こちらは穏やかな晴天でしたが、るるるさんのほうは雪かなぁ(^^;)。
  • 2014/03/08
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
せっかくなので由来も知りたくていつも調べるのですが、
これは何も出てきませんでした^^;
用例としては、
朝からうがいすること両三度に及び、音吐朗々、さすがの視学官殿をうんと唸うならせておったとこなんだ。
<石坂洋次郎・若い人>
石坂洋次郎氏…私知りませんでした^^;

「曲学阿世」 にいただいたコメント、うっかりしていました。(泣
今承認しました~、スミマセン~!

こちらは寒かったですが、ほんの少しみぞれが降った程度でしたよ^^
  • 2014/03/09
  • るるる
  • URL
  • Edit
いえいえ(^^)。

ミゾレですか? ミゾレが降ると春、なんてことはないですか?

あのね、石坂洋次郎、「陽のあたる坂道」とか「青い山脈」とかねー(^^)。面白いけど、今となっては、いささか古い小説よねー。私らの世代かな、ファンは(^^;)。歳が、歳が〜!
  • 2014/03/10
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ホントにそのとおり、水っぽい雪になると冬が終わるな~って思います^^
まだまだ油断はできませんけどね。

ハーちゃんさん、ほんとにいろんな本を読まれてますよね~。尊敬します!
私なんて…あ~恥ずかしいです^^;
  • 2014/03/10
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定