「羞花閉月」

『羞花閉月 しゅうかへいげつ』 『閉月羞花 へいげつしゅうか』

そのあまりの美しさに花は恥じらい、月は隠れる。
容姿の美しい女性のこと。


楊果(ようか 1197~1269)の詩「采蓮女 さいれんじょ」の中の言葉です。
ネット上には楊果について日本語で書かれた解説は見つかりませんでした^^;
中国語では詩が何篇か紹介されているのですが、(こちら 
当然ながら読めませ~ん。(泣


類語

『沈魚落雁 ちんぎょらくがん』 『落雁沈魚 らくがんちんぎょ』 
これも「采蓮女」の中ににある言葉ですが、
元は「荘子」斉物論(せいぶつろん)から来ているようです。

毛嬙麗姫、人之所美也。魚見之深入、鳥見之高飛。
毛嬙(もうしょう)麗姫(りき)(ともに古代中国の美人)
人の美とする所也。魚之を見て深く入り、鳥之を見て高く飛ぶ。

人間の基準での美人を見ても魚や鳥は逃げるだけだという、価値の相対性を表した語。
そこから、
魚や雁も圧倒されるほどの美人
という意味に変わったようです。



『解語之花 かいごのはな』
「開元天宝遺事」からの故事で、
玄宗皇帝が楊貴妃と太液の池に咲く蓮の花を鑑賞していた時、玄宗が家来に
「蓮の花より解語の花の方が美しい」
と言ったのだそうです。
解語の花は「言葉のわかる花」という意味で楊貴妃を指していたのですが、
そこから美人を意味する言葉になりました。



『明眸皓歯 めいぼうこうし』
美しく澄んだ瞳と白く整った歯。美人のたとえ。
杜甫の七言古詩「哀江頭(江頭に哀しむ)」より。

明眸皓歯今何在   明眸皓は今何くにか在る   あの明眸皓歯の人は今どこにいるのだろうか

明眸皓歯も楊貴妃を意味しています。
美人を形容する言葉ってたくさんあるんですね~。



追記。
韓国語でも解説があったので載せま~す^^

수화폐월 [羞花閉月]
꽃도 부끄러워하고 달도 숨는다는 뜻으로, 여인의 얼굴이 매우 아름다움을 비유적으로 이르는 말.

침어낙안 [沈魚落雁]
미인을 이르는 말. 미인을 보고 물고기가 숨고 기러기가 땅으로 떨어졌다는 고사에서 유래되었다.
출전은 《장자(莊子)》의 <제물론(齊物論)>이다.

명모호치 [明眸皓齒]
맑은 눈동자와 새하얀 이라는 뜻으로, 미인의 아름다운 모습을 이르는 말.




関連記事

Comment

しゅうかへいげつ、で変換されませんでした(^^;)。るるるさんはできたかな?

羞花閉月って、字面もキレイですねー! スゴい美人なんですねぇ(^^)。

紹介して下さった中で知っているのは「明眸皓歯」だけ〜。これだけはよく目にしますよね?

今日も、もう眠くなりつつありまっす(^^;)。本を読みたいのに〜!
  • 2014/03/04
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
週貨幣月、珍魚落雁…ダメみたいで~す。(笑
でも「閉月羞花」と「落雁沈魚」は変換できました。こっちのほうがメジャーということですかね?
私が知っていたのは「羞花閉月」の方だったんですよ。
一般的な道から外れてるのかな^^;

ハーちゃんさん、その分早起きだから大丈夫ですよね^^
私も早寝早起きが理想なのですが…、まずは去年と同じ5時半起床に戻したいと思います^^;
  • 2014/03/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定