ボブスレーの語源。

以前から bobsleigh の bob ってなんだろう、と思っていました。
ボブさんが発明したのかな? なんて思っていたのですが、
bobは、to move or make something quickly up and down
つまり、「何かが上下に素早く動く、何かを上下に素早く動かす」。
そう言えば水泳初心者の人が、水に慣れるために頭を水中に沈めては出す
という動作を繰り返し練習しますが、あれをボビングと言うのでした。
同じ言葉だったんですね^^;
ボブスレーもよく見ていると選手の頭が上下に小刻みに揺れてるのが分かりますね~。
きっと昔は、今のような滑かなコースではなくてもっと揺れたんだと思います^^



wikipedia にあった、1910年頃のボブスレーの写真です。
髭のオジサマたち、ポーズが決まってます。楽しそう♪
100年後の現在のボブスレーを見たら驚くでしょうね^^





スケルトン skeleton は「骨格、骸骨、骨組み」。
そりの形がシンプルな骨組だけなのでそう呼ばれていますが、
もう一つ説があって、
操作を誤ってコースから飛び出てしまうと骨まで粉々になってしまうからだとも言います。
説というより冗談でしょうかね。コワイで~す^^;

ソチオリンピックも残すところ1週間を切りました。
最後までしっかり応援しますよ♪


関連記事

Comment

昨日、ボブスレーを見ていました。主人となんだかんだ言いながら(^^)。

スケルトンではないけれど「コースから出ることないの?」とか「練習するところ、あるのかな?」とか「後ろの人は、走り出したら何もすることないのかな?」とか!

写真の男性たちは競技しているところかしら? ピリピリしてないみたいだから、遊びかな(^^)。

リュージュもありますね。ちょっと怖そう(^^;)。
  • 2014/02/18
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
リュージュ luge はフランス語で「そり」の意味だそうですよ^^
ボブスレーの後ろの人は、体重移動のタイミングが難しいそうです。
以前「クールランニング」というジャマイカの人たちがボブスレーに挑む映画で勉強しました。(笑
国内の練習場は、長野オリンピックの時のコースと、他にもあるみたいです^^
4年ごとに観戦していても、まだ知らないことがたくさんあります^^;

超低速コースがあったらやってみたいですが、それでも転倒は必至です~。(笑
  • 2014/02/18
  • るるる
  • URL
  • Edit
ははぁ、後ろの人にも役目があったんですね! 失礼しましたぁ(^^)。なんか、どっしりした体格の人が後ろに入りますねー。ある程度、重さが必要なんでしょうね。

「クールランニング」知ってます。今回もジャマイカの選手、出てませんか? なんか聞いたような...(^^)。
  • 2014/02/18
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ジャマイカの選手、出てましたよ~^^
成績は最下位でしたが、ものすごい喝采を受けてました。
人気者ですね~♪
4人乗りにも出場するでしょうか?見てみたいですよね^^
  • 2014/02/19
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。