「遮二無二」

『遮二無二 しゃにむに』

後先を考えずにがむしゃらに行動すること。
わき目もふらず夢中になること。
「遮二」は二を断ち切る意。
「無二」は二がない意で、前後の見通しも考えないで行うこと。
一方で、当て字という説もある。


あら~、漢字で書くとこうなんですね。
漢字で書いたことありません^^;
変換の候補の1番がひらがな、2番に漢字だったし、
ひらがなで書いていてもいいですよね?(と言い訳~

というか、
最後の方の「に」を何となーく助詞のように捉えていたかもしれません。(爆



類語

『我武者羅 がむしゃら』  
後先を考えずに強引に事をなすこと。また、そのさま。

これも漢字で書いたことはありません^^;
Tシャツにプリントしたら外国人にウケそうな気がします。(笑
「がむしゃ」+接尾語の「ら」
「我武者」は「強くてわがままな武者」であるという説と、
江戸時代の文献に「がむしゃ者」という言葉があるので、「我武者」は当て字だという説もあるようです。
「がむしゃ」の語源もいろいろ説があるようです^^


『無二無三 むにむさん』  わき目もふらずいちずになること。また、そのさま。ひたすら
こちらは元は仏語で、
仏となる道はただ一つ一乗であり、二乗、三乗はないという法華経の教え。


関連記事

Comment

ホントですっ! 私も「に」を助詞だとばかり思っていました(^^;)。今は読みづらいことばはなるべくひらがなで、が主流でしょうか?

我武者羅、あ、変換された! Tシャツにプリントしたら、って言うの笑ってしまいました。だってその通りだから〜(^^)。外国人になった目で見ているのかな(^^)。
  • 2014/02/14
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
ハーちゃんさんもと知ってちょっと安心したりして。(笑
平仮名のほうが分かりやすい言葉ってあるものなんですね^^;

我武者羅プリントTシャツ、どこかにあるかもしれないですね~。
プリントされた漢字が反転しているのをたま~に見ますが
わざとやっているんでしょうかね^^
  • 2014/02/14
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定