「加持祈祷」

『加持祈祷 かじきとう』

病気や災難などから逃れるために、神や仏に祈ること。



よく使われる言葉ですが、お寺でも神社でも良いのだと再確認できました^^
でも「加持」を調べると、
サンスクリット語のadhisthana(アディシュターナ)の訳語で、
もともとは仏語なんですね。
本来の意味は、
仏様や菩薩様が不可思議な力によって衆生を守る
という意味だそうです。
日本では密教の香りが強い言葉ですね~。
ここでの「加持」は、祈祷と同じ意味。
「祈祷」は、神仏の加護を願い、言葉によって除災増福を祈ること。またその儀礼。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。