「滅私奉公」

『滅私奉公 めっしほうこう』

私心や私欲を捨てて、国や社会など公のために尽くすこと。

英語にすると、"sacrifice yourself for greater good" という感じ。
韓国語ではどう言うんでしょうね~。



しばしば個人主義の対極にある思想のひとつと見なされ、
過度な実践は自己犠牲を伴い、全体主義に繋がることもある。(wikipediaより

もともとはきっとポジティブな言葉だったと思うのですけど^^;
戦前の日本では忠君愛国教育として滅私奉公の精神が取り入れられていたそうです。
戦後は個々人の大切さに重点がおかれて、
否定的に捉えられるようになってきたようです。

日本の企業内でのサービス残業や休日出勤も滅私奉公のひとつの形。
アメリカで、戦死や負傷した兵士が英雄扱いされるのも
愛国心を過度に煽っている部分があるような気がします^^;



ところで私は今まで、
四字熟語と言えば中国からの輸入物ばかりだと思っていたのです。
でも実はそうでないものもあるんですね~。
先日のシフォンさんの記事がとても面白かったです^^
なんと、「馬耳東風」は
厩戸皇子(聖徳太子)の言った言葉が中国に渡り意味が変化した後に
逆輸入されたものだと。
ビックリしました~^^!
きっと本国由来の四字熟語はまだ他にもあるんでしょうね。

因みに「滅私奉公」は由来を突き止めることができませんでした^^;
いつごろ出来たんでしょう。


関連記事

Comment

やっぱりこの熟語は、古い封建制度を彷彿とさせますよねー。

辞書で調べたらありましたよー。「멸사봉공」だそうです(^^)。

「馬耳東風」にはビックリでしたねー! 奥が深くて、そこまで潜れない〜!
  • 2014/01/26
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
「멸사봉공」、日本語と全く同じなんですね!
ますます出所が気になってきました。(笑
勉強になりましたー、ありがとうございます♪

「馬耳東風」も、目からウロコどころか甲羅が剥がれ落ちました。(笑
本来の意味の「馬の耳に風」も世の中に広まったらな~なんて思います^^
  • 2014/01/26
  • るるる
  • URL
るるるさん、ハーちゃんさん、こんにちは♪
こちらで四字熟語の勉強をさせていただいているおかげで
語源について興味がわいてきたようです。

昨日は職場で「隗より始めよ」という言葉が話題になりました。
意味はボンヤリ推測できるものの、
じゃあ「隗って何?」ということになりました。
私が代表して辞書を引いたところ、、、
ナント!人の名前だったんですね~。
学生のころは意味を覚えるだけで手いっぱいで
由来まで気にかける余裕はなかったと思います。
(興味もなかった。。。)
これは年をとったおかげでしょうか?(苦笑
  • 2014/01/28
  • シフォン
  • URL
  • Edit
シフォンさま^^
こんにちは~♪
四字熟語、お役に立てているなら良かったです^^!
私の方こそいつもシフォンさんのところでたくさん勉強させていただいてます^^
なるほど~、「隗より始めよ」の「隗」って人名だったんですね~!(驚

語源をたどる旅、楽しいです。
確かに以前は由来などまで思いをめぐらすことはなかったな~。
年を取ったおかげなら、年を取るのも悪くないな~と思います^^


  • 2014/01/28
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定