各務原キムチ作ります! その1

NHK岐阜開局70周年ドラマ 『恋するキムチ』 を8月の終わりに見てから4か月、
キムチ漬けてみようか~どうしようか~
と考えてきました。

買い物に行くたびに白菜をじっと見つめて立ち尽くす…。
アヤシイ客だと思われたかもしれません^^;

先月、ソウルのどこの公園なんでしょう、光化門広場?
数百人ものオモニたちが集まって一斉にキムチを仕込んでいる圧巻の光景を
ニュースで見てとっても感動しました。
そして別の番組では、
一般家庭のお母さんが漬ける白菜は60kgなんて当たり前
と言っているではないですか。
『恋するキムチ』の記事に
白菜10kg!!韓国ではごく普通の量だろうけれど…
なんて書きましたが、10kgなんてものではなかったんですね^^;

そうこうして考えているうちに、
10kgなんてカワイイものじゃない、
と思えるようになりまして。
それに作り方を頭の中で何度かシミュレーションしているうちに、
キムチ作りと自分との距離がぐ~んと近くなったんですよね。
で、初挑戦することにしました♪
各務原キムチのレシピはこちらです。


はい、白菜6玉^^






外側の葉を取り除いて、土を洗い流して4つに割り、
葉っぱ1枚1枚に塩をすり込んでいきます。

0126.jpg




樽にぎゅうぎゅう詰め。
当たり前ですが、白菜の写真ばかりです^^;

0127.jpg




重石をして今日の作業は終わりです。
重石は合計27kg。
打ち豆を作ったりクルミなどを割るときに使っている石まで動員しました。(笑

0128.jpg

本漬けは明後日です。
ドキドキです^^

またドラマ見たくなっちゃいました^^


関連記事

Comment

「かがみはら」と読むんでしたよね(^^)。

立派な白菜ですねぇ。

光化門で漬けていたのは、もしかしてキムチが世界遺産に登録されるのを記念して、ではないかな?いや、私の勝手な想像です(^^;)。ふふふ。

今の韓国の子どもが1番キライな食べ物がキムチだそうですねぇ。ご家庭で漬けるキムチの量もだんだん減って行くのでしょうか。美味しいのにねぇ...。
ハーちゃんさま^^
私もドラマをみて初めて知ったのですが、
正式には「かかみがはら」と言うんだそうです!
「かがみはら」は通称で、どちらで呼んでも良いようですが、
市名に通称があるとは驚きました^^;

そうですね、キムチのニュースは世界遺産のイベントだったかもしれません^^
途中から見たもので^^;
それにしても、子供が一番嫌いな食べ物がキムチとは…!
韓国も日本のように、自国の文化が薄まっていってしまうんでしょうかね~。
  • 2013/12/20
  • るるる
  • URL
ああ「かがみがはら」ですか! 勉強になりました(^^)。

このドラマ、どんな内容でしたか? ちかごろとんとドラマを見ていないのです。「紳士の品格」もブロ友さんが教えてくれなかったら見ていません(^^;)。

なんでしょうねぇ、辛いものがキライな子どもが増えてきたんでしょうかねぇ...。
ハーちゃんさま^^
『恋するキムチ』、私はこの夏に見たのですが2011年のドラマです。
市の観光課に務めるみのり(貫地谷しほり)と
姉妹都市の春川市から来た交換職員ウォンジュン(ユナク)が
市の新名物としてオリジナルキムチを作るという、1時間ほどのドラマです。
ほっこり温まる良いお話でしたよ。機会があったらぜひ見てみてください^^

キムチ、美味しいですけどね~。現代っ子の味覚が変わってきたんでしょうかね^^;
  • 2013/12/20
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。