あら~消滅!!

心配していたことが起きちゃいました^^;
アイソン彗星、崩壊~!

動画を持ってこられなかったので、SOHOの動画のリンクを貼ります。 
それを見るとよくわかります。
スピードを増しながら太陽にぎゅい~んと近づいていくアイソン。
一度遮蔽板に隠れてからまた出てくる時には
長いしっぽとともにピカピカと登場するはずだったのですが…
実際に見えたのはか弱い光の線でした。

予想はしていても衝撃的でした。
でもまぁ、仕方ないですよね。
たった4kmほどしかない氷と塵のかたまりが
117万キロ(太陽・地球間の80分の1の距離)まで接近したんですもんね^^;
核は消滅したけれど大きな望遠鏡でなら
残されたしっぽだけでも見られるかもしれないそうです。

1万年ほど前にオールトの雲から太陽に向かって長い旅を始めた氷のかたまり。
1万年前って、
織姫星がほぼ北極星で、ヒトが犬と仲良く暮らし始めたころ。
去年彗星として発見されるまで
ひっそりとゆっくりと旅してきた道のりを思うと
雄大な時間の流れを感じます。
そんな長い旅の最後を見届けることができたことも
やっぱり感動だったな~と思います^^
オヤジとコンちるは
やっとこれで寒い中駆り出されずに済む~♪
と思っているかも。(苦笑


関連記事

Comment

あ、あらぁ。消えつつあるんですね? あ、あー!

1万年前...。想像もつかない長い時間ですけど、天体の話だと短いのかしら(^^;)。

でも、こんな遠くで地球人類に見守られていた、なんて、本人(本星?)も考えなかったことでしょう。幸せな最期、かな(^^)。

コンちるくん、見たいです!
  • 2013/11/29
  • ハーちゃん
  • URL
  • Edit
ハーちゃんさま^^
かけらが残っているかもしれないようですが、
いずれにせよ観測は難しそうです^^;
12月4日のHNKスペシャル「遭遇!巨大彗星アイソン」が
すぐに「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」にタイトル変更されました。
専門家の分析はどうなるでしょうね。
ホントに、1万年なんて宇宙の歴史の中では点にもならないくらい短いですよね^^

コンちる、また登場してもらいますね^^
写真撮影に協力するよう、よく言って聞かせます。(笑
  • 2013/11/29
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定