どっちが「お疲れ」?

イ・ホンボク先生のレベルアップ講座31課、
祐子さんがチムジルバンであかすりをしています。
そして終わった時の会話はこうでした。

유코 : 좀 아팠지만 하고 나니까 기분이 상쾌해졌어요. 
            ちょっと痛かったけれど、やり終わったら気分が爽快になりました。
담당 : 감사합니다. 너무너무 예쁘세요. ありがとうございました。とてもとてもおきれいですよ。
우코 : 수고하셨어요. お疲れ様でした。

ふと思い出しました。
エステやマッサージなどの場合はよくわかりませんが、
日本では、美容院に行くと美容師さんのほうがお客さんに
お疲れ様でした
と言ってくれませんか?
シャンプーの後や、全部終わって椅子から立つ時などに。
あ、肩のマッサージをしてくれた後にも言ってくれたような。

労力を費やして疲れているのはほんとうはお店の人の方なのに、
お客のほうに「お疲れ様」と言うのは
どこまでもお客様を大切にする気持ちの表れなのかな~と思いました。
一方で韓国語の 수고하셨어요. は
本当に「スゴ」した人に言う言葉なんでしょうね^^
そういえば市場で買い物をしたときなどはお店の人に
많이 파세요. たくさん売ってくださいね~
という言葉をかけるし、
韓国語のほうが具体的でもあるんですね^^


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定