チャングムの誓い見終わりました^^

初めて放送された時、
前半のお料理対決の部分は宣伝でたくさん取り上げられていたので
ドラマを見ていなかった私も大体のことは知っていたのですが、
後半の医女を目指す部分や結末は全く知らずにいたのです。
こんな展開だったとは~。
最後までドキドキしながら見ました^^

チャングムさん。
とっても才能あふれる強い女性で、
ミン・ジョンホが一緒に幸せになりたい気持ちを抑えて
彼女の才能が最大限に発揮されることを願う気持ちがわかるというか。
前半は性格に明るさがあったけれど、
済州島から宮中に戻って医女を務めながら復讐の足固めをしていくところ、
女官長を見る時のとっても冷めた目はちょっと怖かったです^^;
復讐といっても、ただチェ一族に謝罪して欲しかっただけだったのですが、
結局手を取り合うことはなく終わってしまいました。
頭の中の勝手な番外編ではクミョンと仲直りさせてあげました^^
チャングムが、以前勉強で出てきた「酸素のような女性 산소 같은 여자」イ・ヨンエさんだったんですね。
やっとつながりました^^;

ミン・ジョンホさん。
15歳で科挙を首席で合格した素晴らしく優秀な彼が、
自分の立場や名誉などはそっちのけでチャングムのために奔走します。
流刑に処されても白丁にまで身分を落としても
チャングムと自分自身を信じてまっすぐに生きていきます。
なんだか、
ひろみのために絶頂期に現役引退を決意した藤堂さんと重なるわ~。(エースをねらえ!の話です^^;
疫病の村からチャングムを救い出して抱き合うシーンや
雪の中チャングムをおぶって歩くシーンは美しくて幸せでした^^
それにしても、
最後に登場する彼のライバルが王様だったとは…!

中宗さん。
イム・ホさんご自身も語っているように、
中宗という王様は
寂しさとともに、多くの痛みを抱えていた人でした。
お妃たちにさえ完全には心を開けない孤独の中、
チャングムに出会って、愛してしまう。
チャングムにだけは、何でもさらけ出せてしまう。
ほんとはやっぱり医女としてではなく側室として傍に置きたかったんですよね。
でも、ミン・ジョンホの愛の貫き方を知って、
彼も医女としてのチャングムの生き方を尊重する。
ついには自分の命が尽きることを悟って、
チャングムが罪に問われないようにと彼女をミン・ジョンホのところに送る。
ほんとうはどれほど最期の時まで傍にいて欲しかったでしょう…。
チャングムを手放す決意をした彼が最後に彼女を見つめるまなざし、
医女チャングムではなく女性としてのチャングムを見つめるまなざしを思い出すと、
この腕で抱きしめたかった
その頬に、まつ毛に触れたかった
そんな中宗の声が聞こえてくるようで今でも涙が出てしまいます。
イム・ホさんの少し憂いを帯びた表情は中宗そのものでした。

チェ女官長さん。
チェ一族に生まれたばかりに
権力に固執することこそが人生の全てだった哀しい女性。
そんなふうに生きるしかなかった。
キョン・ミリさん、ほんとうはとっても優しいお顔の方なのに、
役の中の睨みと迫力はすごかったです^^;
特に後半の、
チャングムに次第に追いつめられてヒステリックに叫ぶところは痛々しかった。
その部分と、死を迎える直前の毒の抜けきった柔らかい表情と、
チャングムが最高尚宮になってハン尚宮の幻と再会するシーン、
そして最終回の中宗のまなざしが
このドラマの中で一番好きなシーンだったかな^^
いえ、まだありますね^^;

他の皆さんもみんな素敵で、
自分が男だったら守ってあげたいヨンセン、
きついストーリーの中で明るさを振りまいてくれたカン・ドック夫妻、
ミン尚宮とチャンイのお茶目なコンビ、
ヨ・ウンゲさんのチョン尚宮も実在して欲しいと思うくらい魅力的で大好きでした♪
とても全部書ききれません^^;
とっても見応えのあるドラマでした。
天国にいる本物のチャングムもこれを見て喜んでいるだろうな~と思いました^^


関連記事

Comment

るるるさん、こんにちは♪
チャングムを見て「エースをねらえ!」を思い浮かべるとは!!
(るるるさん、世代が違いませんか?)
チェ尚宮さんびいきの私(モチロンお蝶夫人びいきです)は
尚宮さんの最期で、あのドラマは終わった感じで、
後半はテンションが下がってしまいました。
でも、名作ですよね。
次は、何のドラマを見られるのかな?
  • 2013/08/08
  • シフォン
  • URL
  • Edit
シフォンさま^^
こんにちは~♪
エースをねらえ!は大人になってからハマりましたが
連載時はこの世にいましたよ~。(笑
シフォンさんのご贔屓はハン尚宮ですね^^
うっかりハン尚宮のことを書くの忘れちゃいましたぁ。(泣
私も尚宮さんが亡くなった時はもう大ショックで、
この先ほんとうに物語は続くのだろうかと思っていました。
ヤン・ミギョンさん素敵でしたよね♪ 
韓国ではヒロインを凌ぐ人気だったそうですね。
次のドラマは、
「宮」を借りてこようか、それともキヤンダリ病劇症化か、という感じです^^;
ぜひまたお薦めドラマ教えてください♪
  • 2013/08/08
  • るるる
  • URL
こんにちわぁ♪
ふふ、私が好きなのはチェ尚宮さんの方です。
もちろん、ハン尚宮さんの最期のシーンは涙、涙でしたが。
主役よりも敵役や脇役に惹かれることがよくあります。
主人公に感情移入できると気分良くドラマを楽しめるのでしょうけど、
負けるとわかってる方についてしまう傾向があるようです。
いや、主人公にすっぽりハマるときもあるんですよ。
でも、脇が魅力的なドラマは面白いですよね。

次は「宮」ですか?
これもやはり「見ておかなくちゃ」という作品だと思います。
感想を楽しみにしています。
  • 2013/08/09
  • シフォン
  • URL
  • Edit
あっ、すみません勘違いしてしまいました!
チェ尚宮さんで正しかったんですね^^;
敵役や脇役に惹かれる気持ち、私もわかります。
チャングムは実のところ脇役さんたちが面白かったです。(ヨンエさんゴメン^^;
でも、主役がしっかりした上で
脇役さんたちの人物設定や演技がバッチリ決まっていると
深みのある見応えあるドラマになるんだと私も思います^^
「宮」もシフォンさんに推していただいたので自信をもって(?)見たいと思います!(笑
  • 2013/08/09
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定