長寿のお祝い。

今週のの兼若先生の講座で古稀、米寿などが出てきたので、
これまで勉強したものをまとめてみます^^
「旬」には10日という意味のほかに10年という意味もあるそうですね~。

육순 六旬 60歳
칠순 七旬 70歳 
팔순 八旬 80歳
구순 九旬 90歳


以下のものは、小学館朝鮮語辞典にあるものとないものが。
ないものは日本だけのお祝いかもしれませんね。

61歳 還暦 환갑[還甲]、회갑[回甲]、화갑[華甲]
62歳 --  진갑 [進甲] 還暦の翌年  これは逆に日本にないですね
70歳 古稀 고희、희수[稀寿]  唐の詩人、杜甫の「人生七十古来希なり」より
77歳 喜寿 희수
80歳 傘寿 --
88際 米寿 미수
90歳 卒寿 --
99歳 白寿 백수

中国では古来、40歳を「初老」として、それ以降10年ごとに祝っていましたが、
寿命が延びるにしたがって40、50の若い方のお祝いが消えていきました。
喜寿以降の呼び名は日本発祥のものでしょうか?
兼若先生の解説では、
韓国では 칠순잔치 のように、古稀と七旬では七旬のほうをよく使うそうです。


因みに、還暦より若い方の年齢の表し方には、
20歳 弱冠  약관
40歳 不惑  불혹
50歳 知天命 지천명 
60歳 耳順  이순

不惑、知天命、耳順は論語から来ていますね。

日本での100歳以上のお祝いでは、
100歳 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)、紀寿(きじゅ)
108歳 茶寿(ちゃじゅ)、不枠(ふわく)
111歳 皇寿(こうじゅ)、川寿(せんじゅ)
120歳 大還暦(だいかんれき)、昔寿(せきじゅ)

まであります^^


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。