3拍子に乗れない理由。

先週のテレビでハングル講座第10課、
ガチリスニングのドラマの中で
Happy Birthday to You 생일 축하합니다 を歌うシーンがあったのですが、
曲が3拍子なのに皆さんの手拍子は2拍子!
愛ちゃんも
「手拍子と歌がバラバラ^^;」とコメントしていましたが、これは日本でも見かける光景ですね。

でも、仕方ないのです。
人間の足は2本なので、人間が刻む根源的なリズムは2拍子なのです。
日本の伝統音楽の基本は2拍子、おそらくは韓国の音楽も。
一方で、なぜ西洋に3拍子の音楽が多いかというと、それはキリスト教の「三位一体」から来ていて、
特に中世の教会音楽では「3」という数字はとても重要だったのですね。
といってもその頃の3拍子の概念はワルツのようなものとはちょっと違うのですが・・・。
ということで、
西洋人はキリスト教の土壌の上で3拍子の音楽を発展させてきて、
その結果3拍子が得意になったというわけなのです。

大体、手拍子の動作そのものも2拍子系なので、3拍子の手拍子を打つのはちょっと不自然です。
3拍子の音楽に2拍子で手を打つ、良いではありませんか^^
私もそこにいたら一緒に手を打って積極的に盛り上がりたいと思います。
ポリリズムです♪


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。