原画展やってくれたら嬉しいな~。

近ごろ読ませていただいている、ひろけんさんのブログです。
レベルアップ講座の表紙について語っていらして嬉しくなりました^^
私も、毎月表紙を楽しみにしている人間の一人。

3年前のテキストのイラストレーションは後藤薫さんという方の作品でした。
ハングル講座の表紙の色は以前からずっと黄緑色のようなのですが、
後藤さんのイラストもそれに合わせて
緑の濃淡とグレーの濃淡になっていてとっても落ち着いた雰囲気。
毎回違う動物が描かれているのですが、
三日月に寝そべっているペンギンだったり
雨雲の上に乗っている鳥だったり
ひまわりを持って歩いている熊だったり
ちょっとメルヘンな感じです。
毎月テキストを手にして、うっとりしていました^^

2011年度からカラーの絵に変わったときは、実はちょっと残念だったんですよね。
モノクロームの写真や水墨画の世界が好きで、
後藤さんのモノトーンのイラストの静けさも気に入っていたのです。
でも次第にマツモトヨーコさんの絵も好きになりました^^
毎回、韓国に因んだものが登場。
昨年度の再放送の分は買わなかったので6冊欠けていますが、
1年半分を順番に見ていくと楽しいです^^
今年の2月の、私が鴨だと思いこんでいた鳥は雁でした^^;
雁は雄と雌が一生に一つの縁を結び、
一羽が死ねば残された一羽も死ぬという言い伝えがあって、
それにちなんで韓国の伝統的な結婚式では
木彫りの雁(昔は本物)のつがいが登場するのだそうですね。
その雁の話、本当でありますように。
日本では「おしどり夫婦」という言葉がありますが、
実はオシドリは…相手を変えてしまいます^^;

ひろけんさんの、絵の解説があったら良かったというご意見に同感です。
でも、敢えて説明を載せなかったんだとしたら、
教えてもらうばかりでなく、自分で調べてみてね~
というNHK出版の無言のメッセージでしょうか。
そんなことある?ない?(笑

今年度からまたイラストレーターさんが変わったみたいです。
4月号はヤギ。
今回も韓国に関係した題材なのかな?
入門編のイラストを見てみたら、そちらもみんな素敵だし、
原画展があったら見に行きたいです^^


関連記事

Comment

あと、講師の先生の似顔絵も色々見比べるとおもしろいですよね^^
兼若先生のは先生の毎回かなりのハイレベルで安定してそっくりだし、
先生が女性だと、接待似顔絵率高い気がしますw
  • 2013/04/14
  • ひろけん
  • URL
ひろけんさま^^
そうそう、先生方の似顔絵よく似てますよね^^
3年前の、兼若先生、ソ・ウナさん、イ・ホンボクさんが
一緒にスキップしている絵が可愛らしくて好きでした。
ひろけんさん、いろいろなところでテキスト楽しんでますね。
私もそういうの大好きなんです♪
  • 2013/04/14
  • るるる
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。