八重ちゃん篤姫ちゃん年表。

走り書きを整理してみたけれど細かい順番はアヤシイかも。
気がついたら直します^^;

1833     照姫生まれる(飯野藩保科家)
1835             篤姫生まれる 小松帯刀生まれる
1836     松平容保生まれる
         川崎尚之助生まれる
1837 モリソン号事件
1843     照姫、容敬の養女となる
         新島襄生まれる
1845     八重生まれる
1846 孝明天皇即位
         容保、容敬の養子となる        
                 家茂生まれる 和宮生まれる
1850     照姫、奥平昌服に嫁ぐ
1851 佐久間象山、江戸に砲術塾を開く
1852     容保、家督を継ぐ          
1853 ペリー来航
                 家定、第13代将軍
                 篤姫、斉彬の養女になる
1854 日米和親条約
         照姫、離縁して会津藩邸に戻る
1856             篤姫、家定の正室になる
     ハリス、下田にて着任
1857     尚之助、会津に来る
1858 日米修好通商条約  
     安政の大獄
                 家定没 斉彬没
                 家茂、第14代将軍
1860 桜田門外の変
1861 南北戦争
1862 坂下門外の変
                 和宮降嫁
     生麦事件
         容保、京都守護職に
         覚馬上洛
1863             家茂上洛
     薩英戦争
     八月十八日の政変
1864 池田屋事件
     象山、暗殺される
         襄、密航
     蛤御門の変(禁門の変)             ← 明日の八重の桜
     第一次長州征討
1865     八重と尚之助結婚           
                 勧行院没
1866 第二次長州征討            
                 家茂没20歳
                 慶喜、第15代将軍
1867 大政奉還
1868 鳥羽・伏見の戦い
     会津藩の江戸総引揚げ
     江戸城無血開城                 ← 今夜の篤姫
         八重と尚之助離婚
     会津戦争
         尚之助、行方不明になる
     明治改元
     江戸を皇居とする
                 篤姫・本寿院、一橋邸へ  瀧山、埼玉川口へ
1869 五稜郭陥落
                 和宮、京へ戻る
         容保、鳥取藩お預け、東京にて蟄居
         照姫、紀州藩邸お預け→飯野藩邸
1770             帯刀没36歳
         覚馬、京都府顧問
1871     八重入京
1872     八重、京都女紅場の権舎長・教道試補となる
         八重、円能斎と出会う      
1874             和宮、再び東京へ(脚気を患う)
1875 同志社英学校   
         尚之助没39歳(斗南藩)
         八重、襄と婚約、女紅場から解雇される        
1876     八重、譲と結婚                
                 瀧山没72歳
1877     覚馬、京都府議会議員       
                 和宮、箱根で療養(8月)没(9月)32歳

1880     容保、日光東照宮宮司に
1883             篤姫没49歳 
1884     照姫没52歳
1885             本寿院没79歳
1890     襄没47歳 
         八重、日本赤十字社の正会員となる
1892     覚馬没85歳
1893     容保没59歳
1894 日清戦争


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。