「声調確認くん」楽しいです♪

中国語の声調、少しずつ慣れてきました。
普段日本語で話す時の声の高さより少し高いところから、自分の声の一番低い音域まで
頻繁に上がったり下がったりするのですが、
これをよく「メロディ」と表現するようですね^^

NHKゴガクのサイトにある「声調確認くん」で練習しています。

例文を選択して、そのお手本を聞いてから自分の声を録音して比較することができます。
「かんたん使い方ガイド」でマイクの設定をすれば、誰でも使えます。
「まいにち中国語」「テレビで中国語」のどちらのページにも設置されていますが、
テレビの方では男女の声を選ぶことができます。

なかなか面白いですよ~♪
本格的な勉強でなくても、旅行で使いそうな表現だけちょっと練習するなど、
そんな気軽な感じで使うのも良いのではないかと思います。
日本にいても、中国の人と話す機会があった時に、とっさに発した一言が通じたら嬉しいですよね^^



こんな感じです。

勉強を始める前の、カタカナの「ニーハオ」
紫の線がお手本、
緑の線が自分の声です。

170524 (1)



中国語の「你好」
お手本に近くなりました♪

170524 (2)


声調確認くん、
2016年度の「テレビでハングル講座」でも、シン・ウィスさんが
中国語の三宅先生からお借りしてきました~
と言って紹介してくれたんですよね。
韓国語でも使うことになるのかな~と期待したのですが、
少し試してみただけで終わってしまったので残念でした。


正しく発音できているかを確認するのは独学者には難しいところですが、
そこをカバーしてくれるありがたい存在です^^


関連記事

Comment

あ、やってみました! いえ、るるるさんのこの記事の中の線で、です(^^)。これ面白いですねぇ。あれかな、やはり音楽をやっている人には向いているんじゃないでしょうか、中国語!

ああ、そうじゃないかな。外国語をやる上で音楽家は有利だとつねづね思っているんですよ!

耳が良いのが大事じゃないでしょうか、最初は。

るるるさんは進歩が早そうだなぁ(^^)。
ハーちゃんさま^^

ふふふ~、中国語が必要になったらどうぞ使ってみてください(*^^*)
確かに、音楽家など耳が良い人は音に慣れるのが早そうだし、微妙な音の違いも聞き分けられそうですね!
発音する時も、歌の上手い人にとっては中国語の抑揚はお手のものかも…ああ、いいですね~。
私は耳も歌も今一つだからか、手こずっています~(>_<)
  • 2017/05/24
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。