ひな人形を飾る日としまう日。

折り紙で作った、お雛さまとお内裏さまです。
来年は、屏風を設えて差し上げましょう^^

170303 (2)


先日、何となしに見ていたテレビから、
「ひな人形は『雨水』に出すと良縁に恵まれる」
と聞こえてきました。

初めて聞きました^^;
自分が子供だった頃に聞いたことがないので、
もしかしたらある地方で言われていたものが全国に広まったのでしょうか。
そういうことはよくありますね。
「春一番」も、元々は壱岐の漁師さんたちの間で使われていた言葉でした。
お雛さまを出す日としては他にも、立春や大安もありました。


雨水の話、気になります。
いつから言われているのことなのか
どこで発生した話なのか調べてみましたが…
答えは見つかりませんでした。

由来を日本神話に求めて、ミズハメノカミ(弥都波能売神、罔象女神)という
水の神様の一人を挙げている記事をいくつか見つけました。
ミズハメノカミは後々、商売繁盛、子宝、安産の神様にもなったようです。

二十四節気は6世紀(日本書紀では544年)に日本に入ってきています。
初めて日本に中国の暦がもたらされたのですが、
その「元嘉暦」に二十四節気も含まれていました。
「雨水」と日本の水の神様が結びつくというのは、ちょっとロマンチックな雰囲気もありますね^^

3月の節句に人形が登場したのは天正年間と言われているので、
それ以降のある時点で、ひな祭りと結びついたことになります。

お雛さまを片付けるのには「啓蟄」が良いという記事もあったのですが、
それとセットで考えるなら、「雨水」は新暦になってから言われ始めた、ということになりますね。
啓蟄は、今年のカレンダーでは3月5日から19日までなので、
旧暦の3月3日より前になってしまいます。
ひょっとしたら、割と最近になって言われ始めたのかもしれません。


結局はっきり分からないままですが、
日差しが力強くなってきて、雪が雨に変わる「雨水」とお雛さま、いいと思います^^
水は、生命を育むのに必要不可欠なものであるし、
そういえば易経でも雨は「吉」のものです。
天の気と地の気が交わって相通じ合った時に雨が降るとされています。
「地天泰」は希望が通る、安泰の卦です。

もちろん立春や大安もいいですね。
新年早々に飾る地方もあるそうです。
しまう日は、お人形のためにはカラッと晴れた日が一番いいですね。



お花とお鼻。(笑
少しずつ、これらのお花の季節に近づいていきます。

170303 (1)


関連記事

Comment

コンちるくんのお鼻〜(^^)。ホントに美犬ですねぇ!

ああ「雨水に出す」なんて初耳です。そう言えばしまう時期はよく話に出るけれど、飾る日についてはそれぞれなんでしょうか?

新年になってすぐ、と言うのも良いアイディアですよね。せっかくのおひな様なんですものね。

折り紙のおひな様、シンプルなデザインが素晴らしい〜(^^)。
ハーちゃんさま^^

物知りのハーちゃんさんがご存知ないとなると、
やっぱり古くからの伝統というよりは最近になって出てきた情報かな~と思います。
そうですよね、せっかくの綺麗なお雛様、長く愛でてあげたいですよね(*^^*)
折り紙の本に載っていたものなんですよ。綺麗な和紙でも折ってみたいです♪

コンちるに「美犬って言ってもらえたよ」と言ったら「おやつちょうだい~」と返されました(笑
  • 2017/03/04
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定