過剰な糖分が認知症を引き起こす具体的原因が明らかに

과도한 당분이 치매 일으키는 구체적 원인 규명돼
元のニュースはこちらです。



과도한 당분이 어떻게 해서 알츠하이머 발병 위험을 크게 하는지를 영국 바스대학킹스칼리지대학 공동연구팀이 규명해냈다.

 바스대학  バース大学
 킹스칼리지대학  キングス・カレッジ・ロンドン 킹스 칼리지 런던が正式?
 

과도한 혈당이 지속되면 일정 시점에 가서는 초기 알츠하이머에 대항하는 면역반응 관여 효소를 손상시킨다는 것이다.
高血糖が持続し一定の時点に到達すると、初期アルツハイマーに対抗する免疫反応に関与する酵素が損傷する


연구팀은 알츠하이머 환자와 비환자의 뇌조직을 조사한 결과 초기 알츠하이머 환자의 뇌속에서 일어난 당화반응이 이른바 '대식세포 이동 저해 인자'(MIF)라는 효소를 손상시키는 것을 발견했다.

 당화반응 [糖化反応]
 대식세포 [大食細胞]  大食細胞、マクロファージ
 대식세포 이동 저해 인자 [大食細胞移動沮害因子]  大食細胞遊走阻止因子


알츠하이머에 걸릴 위험을 높이는 여러 요소들이 쌓이고 과도한 당분으로 인한 당화반응이 축적돼 MIF효소의 기능이 떨어지거나 멈추는 시점이 되면 유해단백질이 형성돼 치매가 진행된다는 것이다.

 유해단백질  有害タンパク質
 치매 [痴呆]  認知症


한편, 혈당이 너무 높아도 알츠하이머 위험이 커지지만 인슐린 저항성으로 뇌 속 당분이 너무 떨어져도 뇌가 부족한 혈당을 보충하기 위해 인산화타우 단백질을 축적시키고 이에 따라 신경세포로 영양소가 전달되지 않아 뇌세포가 괴사해 알츠하이머가 심해진다는 연구결과도 있다.

 인슐린 저항성  インスリン抵抗性
 인산화타우 단백질  リン酸化タウタンパク質
 괴사 [壊死]



現在、全世界のアルツハイマー患者は約5千万人、
2050年までに1億2500万人に増えるという予測だそうです。
30年で2倍…かなりの増加率ですね。
それまでに研究も更に進むでしょうけど、
現時点で個人的に予防できることはしておきたいです。

비환자[非患者]、論文などでは使われていますが、日常的には使わないですね~。
일교차[日較差]などもそうですが、日本では普段あまり見ない漢字語が韓国ではよく使われていたり、
逆に「湿度」などの、日本で当たり前の漢字語が韓国語では専門的な語感があるため
あまり使われなかったりもします。
同じ漢字語でも受ける印象が違うんですね。
 

バース大学の発表 Sugar’s “tipping point” link to Alzheimer’s disease revealed 


関連記事

Comment

비환자って?って思いました(^^;)。「非患者」でしたかぁ...。

今のtopikはあまり知らないのですが、昔のtopikって、こういう科学的なニュース文がよく出た気がします(^^)。

今日の私のブログ記事と関連した話題、ありがとうございました。気をつけないと!!!
ハーちゃんさま^^

わ、高級ってこんな難しい内容が出ていたんですね!
今はどうなんでしょう、全くTOPIKから離れてしまっています…(+_+)
ついつい健康問題のニュースに目が行きます(笑
最近日本でも韓国でも認知症のニュースが多い気もします。
  • 2017/02/27
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。