おからのクランブルとあずきのケーキ。

「ホーローバットで作る体に優しいお菓子」より。

クランブルは、小麦粉の代わりにおからパウダーを使います。
(訂正~ レシピでは「おから」です。私が勝手におからパウダーを使っています^^;)
右はゆであずきが入った、本来のレシピ。
左のものにはラムレーズンが入っています。

170214 (3)


レシピの最後に
ラムレーズンで作っても美味しい
と書いてあるんですよね。
前回作った時は小豆のほうだけだったので、
今回は両方いっぺんに焼いてみました。

ラムレーズンを入れたら、かなり印象が変わるだろうと予想していたのですが、
思ったほどのビックリな変身はなく、やはり「ほんのり和風」です。
生地には絹ごし豆腐が入り、バターは使いません。
砂糖の量も少なくて、生地とクランブル合計で大さじ5杯しか入れないので
ほんのりとした甘さで、何というか、穏やかな平和を感じる味です。
昔からこういうお菓子があったのでは、なんて思えてきます。

豆腐が入るからなんでしょうか、
焼く前の生地はふんわりしていて、一時発酵を終えたパン生地の弾力に似ています。
そして焼きあがったケーキもふんわりしっとりしていて、蒸しパンに近い感じです。
この生地、大好きです^^


前回はガスのコンベクションオーブンで焼いたのですが、
目を離した隙に焦げてしまい、こんな姿でした^^; 
指定温度170℃のところを160℃にして焼いたのですが、それでも焦げてしまったのです。
オーブン内の風が強いんだろうと思います。
今回は電気のオーブンで焼きました。
160℃で30分、170℃で5分、少し柔らかめの焼き上がりにしました。
色も本の写真より薄いですが、これでOKです。
こんがり焼けた食べ物はAGEs、終末糖化産物なので、
普段から焼き色はちょっと控えめにすることが多いです^^;


中川たまさんのレシピは「豆腐とおからのお菓子」として7品載っています。
全部作ってみましたが、「りんごのおからパイ」だけブログに載せていませんでした。
りんごが美味しいうちにまた作ります^^




これは先日、アメリカの大学を受験しに行く人の激励のために焼いたブラウニーです。
その残りがバレンタイン用(笑
ワンコオヤジがチョコレートを携えて出張から帰ってくるのは明白なので
今年はこれで十分ということにしました。
いつものプルーンの代わりにクランベリーを入れました。

170214 (2)






おまけに、メキシコ料理のピピアン・ヴェルデ。
かぼちゃの種をベースにしたモレ(ソース)がお肉にかかっています。
アステカ時代からある伝統の味だそうです。

170214 (1)


美味しいです♪
メキシコで修行してきた日本人の方のお店ですが、
メキシコ人の留学生たちが
ここの料理は本物!最高!!
と絶賛しています^^


関連記事

Comment

おお〜! またまた本に載せたいわ(^^)。

おからパウダーと言うのは見たことがありません。ふつうに売っていますか? 

そして、蒸しパンに近い感じの生地! 美味しそう!

オヤジ殿、海外にご出張ですか? 日本のと違うチョコを持ち帰られるのかなぁ(^^)。
ハーちゃんさま^^

まだまだ修行が足りませ~ん(笑

レシピでは「おから」となっていますね。
私がおからパウダーを使っているので、ついついそう書いてしまいました~。
乾燥おからのことで、ふつうにスーパーに売っていますよ(*^^*)
今回は柔らかめに焼いたので、なおさら蒸しパンみたいなのかもしれません。

GHIRARDELLIというアメリカのチョコが好きなようで、
案の定新しい種類のものを買って帰ってきました(笑
日本でも売っていると思います(*^^*)
  • 2017/02/14
  • るるる
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定